2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』ファースト・オーダー軍の元に1人で向かうルーク・スカイウォーカーのシーンがハンパない

先週公開されたばかりの映画『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』を観に行ってきた。

画像を見てもらえば分かるが、平日の15時40分からという、本来であれば仕事をしている時間だ。『師走でバタバタして…』と周囲に言いふらし、こうして映画を見に行ってるのだからどうしようもない。しかし、劇場に入ってみると、スーツ姿の方を少なくとも10人は見かけた。サボリーマンを増やすしてしまうスターウォーズの人気っぷりよ・・。

さて、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の感想だが、既に多くのネタバレが出ているので、少し違った角度の感想を書いてみたい。

『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』を観て感じたこと

レイ役のデイジー・リドリーが可愛い

最初からクソ感想だが、事実だから仕方がない。振り返れば、スターウォーズを見始めたのも、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でパドメ役を演じたナタリー・ポートマンが可愛かったからだった。

今回もキャスティング担当グッジョブ。

カイロ・レンとルーク・スカイウォーカーに”あの選手”が見えた

前作の『フォースの覚醒』から出演しているカイロ・レン(アダム・ドライバー)。ダース・ベイダーに憧れてるというだけではなく、短気でマザコン気質という共通点もある。今作では序盤にマスク壊してしまうので、素顔の時間が長かった。前作で誰かに似てるなぁと思ったが、今回素顔時間長いのでハッキリと分かった。それは、先日引退を表明した元イタリア代表MFピルロの若い頃。

さらに、前作ラストに出て、今作でガッツリ出ているルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル) 。旧三部作(オリジナル・トリロジー)の主役なので、初回から40年も経過しているのか・・という時の流れ。ただ、R2-D2やチューバッカと再会をした際のリアクションは若く感じた。そして、マーク・ハミルは最近のピルロに似ている。

Join us live from the world premiere of #StarWars: #TheLastJedi. Presented by @Verizon.

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 –

まあ、スターウォーズファンからすれば鬼クソどうでもいい話。

BB-8が無茶苦茶可愛い

前作から出ているBB-8が本当に可愛い。最初見た時は”丸いロボ”という印象しかなかったけど、前作を見て気持ちが変わった。いちいち愛嬌がある。

鑑賞した映画のグッズを買うという行為は、小学生の頃に見たドラゴンボール以来なかったけど、今回は正直迷った。というより今でも迷ってる。

ポーグが可愛い

This will be a day long remembered. Get tickets to #StarWars: #TheLastJedi in our profile link.

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 –

おっさんが可愛い可愛いってなかなか厳しいものがあるが、可愛いから仕方がない。予告編でもあったチューバッカに雑に扱われるシーンは作品内でも上位の癒やし場面。

スノーク最高指導者が呆気ない

急にネタバレで恐縮だが、今作で(あっさり)カイロ・レンの不意打ちで真っ二つにされてしまう。『カイロ・レンとレイを繋いでいたのは私だ』のように語っていたが、横に置いてあったライトセーバーへの注意が足りなかった。そもそも、シスに比べるといまいち分かりづらい存在だったよね。

ファースト・オーダー軍に1人で向かうルーク

物語終盤にファースト・オーダー軍の攻勢を受け、絶体絶命のレジスタンス。レイア姫も諦めかけた時に登場したルーク。旧三部作をビデオでしか見てなかったけど、このシーングッときた。そして1人で軍に向かうルーク。ファースト・オーダー軍はカイロ・レンの指示でルークに集中砲火を浴びせるが(てか、1人に対して撃ち過ぎ)、ルークは無傷。カイロ・レンが下に降りて決戦か?と思われたが、カイロ・レンの攻撃は当たらない。というのも、このルークは残像で実態がなかったから。結果的にレイア姫達を逃がすことに成功したルークはその場から消え、実態も消える。この一連のシーンの画力ハンパない。すんげぇ。

モテモテのフィン

終盤のシーン。ルークが現れる前にファースト・オーダー軍に一人で突っ込もうとしたフィン( ジョン・ボイエガ)。しかし、その前のくだりで協力しあったローズ・ティコ(ケリー・マリー・トラン)が、突っ込む直前に自らの戦闘機をぶつけて助ける。当然ローズ・ティコは大怪我。『なぜ助けた?』と聞くフィンに『好きだから』と告げてキスをする。どのタイミングでフィンを好きになったのかいまいち分からないが、いずれにしてもフィンは好意を持たれていた。そしてルークのお陰で逃げた先に待っていたレイに真っ先に抱きつくフィン。ちょいとモテすぎではなかろうか。映画ラストには意識不明のローズ・ティコに寄り添うフィンと、それを少し離れた位置から見守るレイ。これはもしや三角関係??

『素晴らしい。全て間違っている』ってセリフが凄くいい

印象的なセリフは幾つかあったけど、ルークがレイにもカイロ・レンにも放った「素晴らしい。全て間違っている」ってセリフが凄くいい。