格安スマホを契約する際に注意したいSIMカードのサイズやカードをカットするリスク

もはや一般的になってきた格安スマホ(MVNO)。月々のスマホ代がキャリア(Docomo、au、Softbank)よりも大幅に抑えることができることから、利用者も増えてきた。私も長年auユーザーだったが、月1万円ほどかかっていた携帯代を見直した結果、2015年から格安スマホに変更し、今も利用中。

ちなみに、最初に使ったのは楽天モバイルで、2016年からはmineo
今回は格安スマホの業者を変えた際(楽天モバイル→mineo)に発生したSIMカードのサイズ違いについて、カードのサイズ、カードをカットするリスク、選ぶべきカードサイズをまとめていきます。これから格安スマホを使おうと考えている人は参考にどうぞ。

格安スマホを契約する際に注意したいSIMカードのサイズやカードをカットするリスク

まずはSIMカード??という方向けに、SIMカードとサイズについて。

SIMカードの種類・サイズ

簡単に説明すると、携帯電話の加入者情報を記録すためのICカードです。カードサイズも携帯電話の変化と共に変化していて、徐々に小さいカードに変化。

現在のカードサイズは

mini SIMカード(標準SIM)
micro SIMカード
nano SIMカード
の3種類。

画像引用:http://kakaku.com/mobile_data/sim/article/issue/sim_size/

現在購入できるスマホに対応しているカードのサイズはマイクロSIMナノSIMのどちらか。

SIMカードのサイズを選ぶ

格安スマホに変更すると、キャリアと違って実店舗がない業者の場合は全てネットで完結させる必要があり、自身でSIMカードのサイズを選択する。SIMカードと端末をセットで購入すればその必要もないけど、既にSIMフリー端末を持っている場合、サイズを選択します。端末に合うサイズはネットで検索すれば幾らでも情報が出てくるので、今回は割愛する。

厄介なケースは、SIMカードを変えずに機種を変更する場合。私が初めて格安スマホを手にしたのは2015年で、その時は楽天モバイルがSIMカードとセットで販売していたZenfone5を購入。ただ、直ぐにiPhoneが恋しくなってしまい、1年も待たずにiPhone6 Plusに変更することに。

しかし・・・

 

iPhoneのSIMカードサイズはナノSIM

手元にiPhone6 Plusが届き、いざZenfone5からSIMカードを取り出してスロットに入れようとすると、カードのサイズが違うことに気付きく。というより、入らない…。実際の写真がこちら↓

この時カードサイズの違いがあることに気づくという遅さ。予め知っていれば、楽天モバイルに連絡してナノSIMを手配してたけど、、、。

ここまできて楽天モバイルに連絡し、新しいカードを待つ余裕もないので、思い切って既存のSIMカードをカットすることに。

SIMカードのカット

購入したカッターはこちら▼

いや、カッター待つ時間あるなら、SIMカード待ったほうが、、と思った方。正解。理由は後述するが、こういうのは慎重にならないとね。

カードはこうしてカットする。

マイクロSIMの中央だけ出てくる仕組み。テスト用のサンプルで試して問題なかったので、そのまま本番へ。

バリが・・

本番のカードをバチンとしたが、出てきたカードの周りに滅茶苦茶バリが…。これではスロットに入らないだろうなというほどボッロボロ加減。なお、当時かなり動揺していたので写真はなし。

慌てて商品に付属されていたヤスリでバリ部分をゴリゴリ削ることに。果たしてこれでSIMカードとして認識するのだろうか?そう考えながら何度もゴリゴリに削っていく。気づいた頃にはsimカードの両面をベタベタ触って・・・。もうヤケクソ。そして削りまくって何とかサイズを合わせて押し込む。

すると。。。docomoのマークが画面上に出現。助かったぁ。。。ただ、これで終わりではなく。。。

代償は大きく

カードは無事にハマった。しかし、無理やり詰め込んだ代償が時間の経過と共に出てくることに。

電話
LINE通話などのアプリを使った通話は問題ないが、通常の電話で「あれ?声聞こえないよ?」電話口の向こうから言われ続ける問題が何度も発生。

ネット
一度地下などの電波が入らない場所へ行き、再度電波を拾う場所に戻っても〈圏外〉表示のまま。結局毎回再起動する羽目に。

この不具合はZenfone5利用時には出てなかったので、楽天モバイルの問題ではなく、カードを無理やり詰め込ん&ヤスリやり過ぎが原因だろうか。

SIMカードのサイズを選ぶ

今回はカード変更まで待てなかった&SIMカードのカットミスというダメダメな理由。私のような失敗をしないため、変更を検討されてる方は現在利用している(利用を検討している)端末のSIMサイズを事前に確認しておきましょう。

そのSIMサイズですが、サイズが分からない場合はナノSIMでOK。ナノSIMなら、マイクロSIMからナノSIMを使う場合と違ってカットの必要はなく、変換アダプターを利用できるので。

ちなみに、私が楽天モバイルでカードサイズの変更を待てなかった一番の理由は、不通期間を少しでも作りたくなかったため。なので、通信業者を選ぶ際は、自宅で変更手続き出来る会社を選ぼう。

私はmineoに。



自宅開通、料金、サイトの分かりやすさなどが決め手。mineoについては別記事にて説明予定。

 

最後に

格安スマホはキャリアに比べて料金がグッと下がるので本当にオススメ。通信速度などは改善の余地はありそうだけど、個人的には完全な許容範囲内。これから変更を考えてる方は、業者だけでなく、SIMカードのサイズに注意してご契約を。

今気になってるのはUQモバイル。Lプランの月4,980円(税別)で14GB使えるのは◎


 

『ん〜やっぱりキャリアが安心だし信頼できる』というのも勿論アリ。私も周囲に格安スマホの良さを伝えてきたけど、まだまだ[料金<キャリアの認知度]が高い印象。


色々調べすぎると何を契約したらいいのか分からなくなるので、最後は会社・好きな人が宣伝してるとかになるのかね。知らんけど。