2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

岩原スキー場で泊まる価値のある宿『ホテル シェラリゾート』最高のおもてなしとコース料理!

先日、新潟県南魚沼郡湯沢町にある『岩原スキー場』に行ってきました。

天候に恵まれたので素晴らしい絶景を拝めました。普段から取引先に頭を下げ、気に入られるために上司の靴を舐めて舐めて、舐めすぎてもはや舐める所が無くなり靴下まで舐める勢いで真面目に働いている僕の日ごろの行いがこういった所に現れてうれしく思います。

スノボも楽しめて100点旅行。やはりアウトドアスポーツはいいですね~。あといまだにスキー場にいる女子が3割増しに可愛らしく見えるという鬼トラップは健在で、街中で見かけたらモアイ像みたいなクリーチャー女子たちも、みんなAKBの研修生くらいには見えていました。恐ろしいですね。東京に戻ってきたらシュレックみたいなツラしてるのにね

そんなこんなで、最高の景色と共にスキー旅行を楽しんできた訳なのですが、旅行中に宿泊したホテルが本当に素晴らしかったのでご紹介してみたいと思います

そのホテルはコチラ。

“ホテル・シェラリゾート湯沢”

急こう配の落雪屋根に白い外壁。煙突とドーマー窓がならぶ可愛らしい外観の建物。ここは可愛らしいペンションのような外観に見えて、実は様々な部分で一流を感じさせてくれるホテルでした。ホント、今まで泊まった宿泊施設の中でもトップレベルでした!

というわけで、スキー場のど真ん中にある “ホテル・シェラリゾート湯沢” の良かった点を書いていきたいと思います。情報は2017年2月のものになります。ご注意を!

シェラリゾート湯沢 越後湯沢 岩原ゲレンデ直結 パノラマビューホテル

建物がすごい!

まず建物。

建物自体はフレンドリーな店主のいるペンションのような外観をしているんですが、内部はとても宿泊者目線で癒される空間になっていて、品のある時間を過ごせます。

ロビーの部分にはフリードリンクのスペースとソファーが並んでおり、コーヒーと読書をゆっくりと楽しめるようなリラックス空間

宿泊中は自由に利用できることはもちろん、チェックアウト後もユルユルお使いくださいとばかりの解放性。実際にホテルスタッフの方も笑顔で対応して頂きました。

写真には写っていないのですが、一番眺望がいい場所に、ごろんと横になれるベットみたいなソファーがあって、どうしてもそこに座りたかったのですが、偽レディー・ガガみたいなパンチの効いた外国人金髪女性がそこを独占していたので全く座れませんでした。マジで添い寝してやろうかと思ったけど国際問題は避けてみました。

ちなみに雰囲気がいいのはロビーだけではありません。ただの廊下にしてもワクワクするようなタイル貼りの内装です。なんとなくテンションが上がりますよね。ちなみにここは音楽スタジオを兼ねているそうです。

全体的に奇をてらった様な内装ではなく、宿泊者が過ごしやすい内装のイメージでした。落ち着いた内装っていいですよね。偽レディー・ガガがいなければパーフェクトでした。

接客がすごい!

ホテル シェラリゾートで、なによりもオススメしたいのは接客の部分です。

ここのホテルは接客レベルがずば抜けて高いです

僕は越後湯沢駅からバスの送迎を頼んだのですが、その送迎の運転手の方も丁寧かつ笑顔で気さくに話しかけてくださったので、とても感じが良かったです。

チェックイン時、館内の説明をしてくださったフロントのスタッフの方は、小さな相槌の仕方から、笑顔の作り方。こちらの要望に対する対応まで、ただ話しているだけで嬉しくなってしまう程 “コチラ側” に立った接客をしてくれました。ほんと、僕のようなクズにあんな笑顔を向けられたら溶けそうですよね。コワイ笑顔コワイ。

さらに、部屋についている風呂のお湯の抜き方がわからなくて、夜(11時くらい)にフロントに電話してみたら、ジェントルマンなスタッフの方がすぐ駆け付けてくれて対応してくれました。遅い時間に面倒なことを頼んだので、手伝おうとしたら、

「どうぞ、気にせず、おくつろぎください」

と笑顔で対応してくださいました。やだ、男前っ・・・

僕が肉食レディーだったら、ビッチョンコで、そのままバスタブに押し倒してさらにビッチョンコになっていたかもしれません。危なかった。

てかあの日は、遅くにスイマセン・・・ありがとうございました。

部屋がすごい!

ちなみに今回はちょっと奮発して、

《プレミアムデラックス ツインルーム》

なんていう、ゴージャスでいやらしいお部屋に泊まってきたので、ちょっと見てください。特徴としては何と言っても部屋の広さと、落ち着いたインテリア。ベットの上部とTVスペースが勾配天井になっており、スペースを綺麗に有効活用しています。

ちなみに冷蔵庫に無料のジュースビールなどが入っています(プレミアムデラックスだからか?)セレブたちはいつもこんな生活をしているのか?と考えだしたら殺意が沸いてきますね。

なんかとても過ごしやすい空間。イスがメッチャオサレ。この椅子に座るだけで人生の成功者になった気分に浸れるという謎の椅子です。

そして最大の特徴は、なんといってもテラスに設置されたプライベートバスです。写真が下手でほとんど写ってないですが、左側にちょっと写っている奴です、笑。さて、ここに泊まった若いカップルの何人が、このお風呂でイチャコラしたのかなと思いを馳せながらお湯につかるのもまた一興でした

でも本当に素っ裸で雪景色を独り占めなので、最高ですよーーー!!

食事がスゴイ!

スキー旅行といえば、夕食は結構ザックリとしたオカズにご飯。プラス野沢菜カモン!みたいなイメージがありますが、ここはまったくの別世界。

まずレストランがオシャレすぎる!

ヤダ、ナニ、お洒落。

都内のどこぞのホテルのレストランのようですね。さらに正面は全面ガラス張りで雪景色が広がります。友人にこの写真を送ったら

「なに?不倫旅行?」

というゲスい質問がソッコー返ってくるくらいオシャレです。

そして、食事もすべてコース料理!!

アゝ 写真ミテタラ ヨダレガデルヨ!

悪かった点はないのか?

いい事ばかりを言ってもアレなので、引っかかった点も書いてみたいと思います。(といってもあまりありませんが…)

一番大きな点は “お風呂問題” です。

ホテル シェラリゾートは、風呂までがちょっと遠い部屋があるんですよね。おそらく数度の増築を重ねた為に動線が長くなっているのだと思いますが、僕が泊まった部屋からだとエレベーターで降りて廊下をクネクネ歩き、そこからさらに階段で下に降りる感じだったので、ちょっと遠さを感じてしまいました

また、露天風呂があるのですが、内風呂から行くには一度服を着なければならない場所にあるので、どちらか一つに絞って入浴しなければいけないという点がデメリットに感じました。

あと、これは悪かった点ではないのですが、部屋の居心地が良すぎてナイターを滑りに行く気力が沸かないという点、笑。あと背伸びした部屋に泊まった為、貧乏性だから寝るのが勿体なくてスゲー遅くまで起きてしまい、翌日のボードパフォーマンスに影響が出てしまいました笑。

本当に気になったことはそれくらいでした。ほぼパーフェクト!!

ということで、今度また岩原スキー場に行くことがあったら絶対に

『ホテル シェラリゾート湯沢』

に泊まります!!

皆さんも宿を悩んだらおすすめですよ!!!

シェラリゾート湯沢 越後湯沢 岩原ゲレンデ直結 パノラマビューホテル,スキー・スノボ 岩原スキー場のど真ん中!

余談ですが… 

ちなみに岩原スキー場内のランチでのオススメは、『ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ (PIZZERIA La locanda del pittoria) 』というイタリアンのお店!

これは、湯沢高原スキー場にある『リストランテ・ピッツェリア アルピナ』の姉妹店で、スキー場で本格的な窯焼きピッツァが楽しめる素敵なお店でした。1人だけ感じの悪いおっさん店員がいましたが、まぁどんまいです、笑。

ピザは本当に美味しかったですよー♪

2 Comments

tongue_look

1個目の見出しが “ホテル・シェラリゾすート湯沢”になってはりますよ!

nukya-e

tongue_lookさん、本当だ!!ありがとうございます、笑!

現在コメントは受け付けておりません。