2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

会社の飲み会が苦手なら早帰りキャラを定着させよう

会社勤めだと避けて通れないのが、新入社員歓迎会・納涼会・忘年会・新年会などの飲み会だ。

私は過去数社で働いてきたが、どうも会社の飲み会が好きではない。一番の理由は、仕事で長時間一緒にいる人達と外でも一緒という状況が耐えられないのである。

普段接さない人との交流?
気になる人と話してみる?
単純にタダ飯?

正直どうでもいいですよね?

でも、不参加は難しい。ならば早く帰るのみ。ということで、今回はそんな「会社の飲み会が苦手」な方向けに、私が普段実践している早帰り術をお伝えしたい。会社の飲み会が苦手だけど参加せざるを得ない人、「今日はパスで」と言えない人の参考になれば幸いである。

 

会社の飲み会が苦手なら早帰りキャラを定着させよう

不参加OKなら参加する必要なし

最初から元も子もないことを言ってしまうと、飲み会の参加が強制されてない会社に勤めている人は大チャンスである。素直に参加せずに帰ればいいだけ。また、謎の「強制参加ではありませんが・・・」という前置きをしながら、実質強制参加を求める会社も気にする必要なく帰宅するべし。

 

ここから本題だ。参加を断るのは難しい飲み会における帰宅方法について。なお、今回お伝えする方法は20名以上が参加する飲み会でないと厳しいので、少数会社の方は参考にならないことを予め伝えておく。

下準備

まずは荷物

会社の飲み会ともなれば、少数でなければ多くの人が集まることになる。となると、飲み会の場所には手ぶらで参加する。冬ならばコートなどの上着も店内に入れないように心掛けたい。荷物は駅チカなら確実にあるコインロッカーを利用し、財布とスマホだけ持って参加する。

その狙いは2つ。

狙い①

単純に荷物の紛失や破損などを防ぐため。飲み会が盛り上がれば、料理やお酒が飛び散らかるケースが稀に発生する。パソコンやお気に入りのバッグなどに被害が及ばぬよう、店内に持ち込まないのが正解だ。

お店によっては受付で荷物預かってくれるから安心では?

確かにその通りである。しかし、荷物を守るためだけではないので、店員さんに荷物を預けてはいけない。その理由が次。

狙い②

【気付いたらいなくなってた】という状況を作り出すためである。手ぶらで参加した場合、途中でいなくなっても気づかれないケースが多い。これは個人的にも体感済みだ(筆者の存在がないということもあるが…)。

荷物をコインロッカーに入れて参加した後は、いよいよ飲み会本番であるが、ここでも注意深く行動したい。

 

自然に馴染む

飲み会スタート時は普通に楽しんでいる風を装う。最初から不機嫌な顔をしてると目立ってしまうので厳禁。社長や重役に酒を注がないといけないクソルールがあるなら淡々とこなし、テーブルに来て話す雰囲気なら多少は会話に付き合う。

えぇ〜!?本当ですか!??
うっそぉ!?初めて聞きました!
全然そんな感じなかったので意外です笑

などのテキトーな相槌を利用して場を切り抜けよう。全ては帰るためだ。

ある程度楽しそうな雰囲気を楽しんだ後、ポケットからスマホを取り出し、少しだけ険しい顔をする。すると、、、

同僚

なんかありましたか?

と心配してくるだろう。その問いには「いえ、大丈夫です」と、意味深に否定をしておこう。“楽しかった飲み会の雲行きが怪しくなってきた”、周囲にそんな印象を与えることができれば帰りやすさが増す。

 

帰る時は冷静に

飲み会も1時間ぐらい経過すると、あちこちで席替えが行われる。また、常に誰かがお手洗いに行ってる状況にもなるだろう。

そこが帰宅チャンスである。

準備は何もない。なぜなら、手ぶらで参加しているため「ちょっとバッグ取ってもらっていい?」なんて声を掛ける必要もなく、サラッとその場を立ち去ることができるから。

もう1つ方法を伝授しておくと、スマホを耳に当て「もしもし?あ、ちょっと待ってて!」と、家族や知人から電話かかってきましたアピールをして外に出ると、誰も疑問を持つことがない。

もし、飲み会が異常に盛り上がっていて、普段と全然キャラクターが違う人が複数いるとさらに簡単だ。そのまま退店するもよし、「あー俺(私)も少し酔いすぎたわ笑」なんて言って外へ出るもよし、「一服でもしてくるか」と独り言を残して外へ出るのもよし。

お店を出る口実は幾らでも存在するのだ。自身がお店からいなくなると、直ぐに不在を察知する人もいるにはいるが、これも大きな問題ではない。

 

退店すればテクニック不要

1歩お店を出ればコッチのもの。心配した同僚がLINEで「大丈夫?」と送ってきたら、「今日◯◯(TV番組)見たいから先に帰るわ!」とだけ送ればいいだけ。たかだか会社の飲み会程度で引き戻そうとする人はいない。

また、こんな途中帰宅を2、3度実行すると、直ぐに「参加はするけど、絶対途中で帰る人」という勲章を与えられるので、以降の飲み会が非常に楽になる。帰宅キャラが定着すると、小ネタは不要で、お手洗いで席を立つ要領で帰ればいいだけ。

嫌な飲み会から帰宅するというのは、実はそんなに難しい話でもないのだ。

まとめ

サラリーマンをdisる人達のネタの1つでもある【参加したくない飲み会】。確かに一理ある。ただ、上手く立ち回れば、短時間で地獄の場所から旅立つことは可能なのだ。

周囲の目などは一切気にせず、翌日何食わぬ顔で「おはよ~ございます!」で終わり。最近は「今回はどれぐらい早く帰れるか?」という挑戦をしていて、直近では40分という記録を残している。30分以内の大記録まであと少し…