2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

【大雪】帰宅ラッシュに巻き込まれた人は、会社や上司の帰宅命令を待つのではなく自己判断で動くべき

昨日は関東で4年ぶりの大雪となった。交通機関は大幅に遅れて交通事故も多発と、散々な1日を送った人もいることだろう。

会社員の場合、大雪が降ると大きく分けて以下の3つに分けられる。
(1)前日までに的確な指示を出す会社 例)自宅作業OK、休み
(2)判断が遅い会社 例)午後や夕方に帰宅命令
(3)通常営業の会社

(1)はともかく、(2)、(3)に当てはまる会社の人が帰宅ラッシュに巻き込まれてしまう。

東日本大震災やその後も度々聞く【帰宅ラッシュ】。駅のホームには人が溢れ、タクシーは数時間待ち…。大変なのは分かるけど、この流れ何周目だろう??そして帰宅ラッシュに巻き込まれた人はこう考える。

『うちの会社ブラック企業…』
『俺(私)は社畜…』

勿論会社にも原因はある。今回のように前日から「明日結構な雪降りまっせー」と報じていたので『雪が降るとは思わなかった…』という言い訳は難しい。

では、その《会社判断の遅さ=ブラック企業》となるかとなると、少し違う。問題は古くからある日本人のバカ真面目さ、いやバカさ加減ではないだろうか。

指示ではなく自己判断で

私がお世話になっている会社は(2)の判断が遅い会社であった。朝の会議中に社長が窓の外を見て「あー降ってきたねぇ、今日は少し早めに帰るようにしますか?」と、他の取締役に尋ね、取締役も「そうですね。今日は業務を早めに終えて、17時には帰れるようなスケジュールを組んでください」「打ち合わせで遅くなる人はそのまま直帰も結構です」と。

いやいやいや…遅えよ(;・∀・)

普段は残業もなくブラックな企業というイメージはないが、台風や大雪などの天候不良時の対応が悪い。理由は代表や取締役が比較的近所に住んでいるので、”帰宅ラッシュに巻き込まれる”という心配がない。営業時間はあまり削りたくないし、かといって通常営業させて従業員側からのクレームは避けたい=夕方頃頃に帰せばいいか、となった気がする。従業員の中には片道1時間半以上かけて来ている人もいて、その人に「◯◯さん、ホテル予約しなくて大丈夫?笑」なんて冗談を言う輩もいたが全く笑えない。

こういう会社、少なくないだろう。だからこそ帰宅ラッシュに巻き込まれて消耗するのだ。でも、これは自己判断で回避できる。昨日は帰宅ラッシュに巻き込まれる可能性は十分高かったので、有給、サボり、謎の打ち合わせ(セミナー)、仮病、家族に何かあった(という嘘)などを使って会社から脱出する方法は幾らでもある。でも、周りは残ってるので〜、同僚が頑張ってるのにぃ〜など、どうでもいいことばかり気にして、フォア・ザ・会社をアピールした自身の責任だ。外ばかりに責任を押し付けてはいけない。

news.livedoor.com

サボりの王様

私はというと、昼過ぎに会社を出た。午前中はどうしても外せない打ち合わせがあり、それに出席して頃合いを見て「別件の打ち合わせで…」と会社を出たが、別件などない。普段から外出キャラというか週に2、3回しか出社してないので、誰も深追いしてこないが、フル出勤だとしてもサボりネタを仕込んでいただろう。大事なのは何をするのではなく何をしないか。会社に合わせていては社畜のままである。

早めに会社を出て駅前のドトールへ向かう。雪を眺めながらコーヒーを飲みリラックスした午後の一時を味わう。

ただ…この後の判断が悪かった。

結果として帰宅ラッシュに巻き込まれ…

家路につく頃にはこんもり雪が積もっていた・・・

終始エラソーに語ってしまったが、一番の大馬鹿野郎だ…。