30代後半の婚活はハード?37歳男性のPairs(ペアーズ) 奮闘記

以前紹介した同僚の小川さんが、先月よりPairs(ペアーズ) を開始した。しかし、聞こえてくるのは「一切会えない」という嘆き。

そこで、小川さんにPairs(ペアーズ) での状況をヒアリングし、勝手ながら対応策を考えてみた。

承諾貰ってます
本人の名前出さないのと、ところどころぼかせば問題ないと了承貰ってます。

37歳男性のPairs(ペアーズ) 奮闘記

まずは小川さん(仮名)の情報を再度確認。

小川さんのスペック

  • 性別:男性
  • 年齢:37歳
  • 仕事:経理
  • 体型:約175cmの普通体型
  • 趣味:映画鑑賞、読書、スポーツ観戦
  • 結婚:未婚
  • 彼女:1年いない
  • 資格:普通自動車免許、会計士、宅地建物取引士
  • 顔:俳優の長谷川博己さん似
  • 煙草:非喫煙者
  • 性格:生真面目
  • 語学:日本語、英語

前回までは喫煙者だったが、婚活を機に非喫煙者となった。また、英語も問題なく話せるのでスペックに追加。年収は本業と投資利益等合わせると1,000万円届くかどうか程度である。

決して悪くはない人材だろう。本人からは学生時代や20代の頃に女性を切らしたことないというご自慢も頂いた。悔しい限りである。

Pairs(ペアーズ) に登録しているもほぼ上記のままで、写真はお気に入りであろう爽やかな一枚と旅行中の自然体な笑顔という構成だ。誰が見ても「37歳にしてはいい!」だろう。

次に希望する相手の条件はこちら

相手の希望条件

  • 年齢:28歳〜38歳
  • 住まい:東京、埼玉、千葉、神奈川
  • 体型:スリム、やや細め、普通、グラマー
  • 職業、学歴、年収、身長、タバコ、お酒、出身地:こだわらない

実に謙虚な条件だ。年齢は9歳下から1歳上まで、本人が東京住まいなので東京近郊、体型も指定はしたけど相手に寄り切りだそうで、その他は出会えるまでこだわりがない。

こんな条件で1月下旬からPairs(ペアーズ)を始めたようだ。

Pairs(ペアーズ)開始1周間

最初の段階で新着メンバー箇所に入ったようで、毎日10以上の「いいね」を貰っていた。期待が高まるのは当然である。

「いいね」とは?
Pairs(ペアーズ) 上で相手のプロフィールを見て気に入れば「いいね」を押し、受け取った相手が「いいねありがとう」を選択すればマッチングとなり、Pairs(ペアーズ) 内の個別チャットでやり取りする。

待っているだけでは勿体無いと判断した小川さんも、指定した条件でピックアップされた女性数名に「いいね」を押す作業をしていく。そして10組以上のマッチングに成功した。ただし、問題はここから。

Pairs(ペアーズ)開始2週間以上

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

マッチングした相手とのやり取りに加え、新規「いいね」に対する対応なども行い、2週間を迎える頃には20人以上の女性とマッチングした模様。しかし、そこから先が全く進まないとのこと。

理由としては

  1. マッチング後に送った最初の挨拶から返信がない
  2. 最初は盛り上がってきたものの、ご飯に誘うと返信速度が遅くなる
  3. チャットのやり取りは結構発生しているが、他の女性に比べて優先順位が低い

一部ツッコミどころがあるが。

まず、の理由で考えられるのは、相手が小川さんの「いいね」に対し、間違って「いいねありがとう」してしまったと小川さん自身が考えている。確かにアプリを見せてもらったところ、左スライドでパス、右スライドでOKになる作りは微妙な仕様だ。「いいね」500以上貰っている美女などであれば尚更そのミスを犯す可能性が高くなる。

については、相手からすると「まだちょっと会うのは(・・;)」となっているのだろう。なお、一度返信が遅れると徐々に日にちの間隔が開き、そのうち返信さえなくなるとのこと。小川さんは2日返答なければ諦めてブロック(相手との連絡を断つ)している。

については、主に相手からの「いいね」に応えた形が多く、悪くはないけど、会うほどでもない人達。

1、3はともかく2の問題を小川さんは悩んでいた。確かにチャットだけではしんどいのも理解できる。友達や遊び相手を探しているなら気長とも言えるが、小川さんは至って真面目だ。幾つかマッチングした女性とのやり取りも見せて貰ったが、特に問題発言もない。

では、次に小川さんがどうすればいいのか?私なりに考えた案を発表したい。

37歳男性がPairs(ペアーズ) で次に進むために

まず、連絡が遅くなった、止まってしまったというの方々を見せて貰った。そこで幾つか共通点が見つかった。

  • 10人中9人は「あり」と答えるルックス
  • 「出会いがなくても思い切って登録してみました。」のようなニュアンス
  • 「いいね」数200以上
  • 自己紹介文は短め

早い話が、どれもこれもフリーでいるのが不思議なほど美人ばかりであった。

「後がない!」と婚活をしてみた小川さんだったが、実際に幾つかの選択肢を得た途端、面食いになってしまったのだ。

また、そういう女性は他にも数名やり取りしているだろうから、直ぐに会いたがる人はナシと判断している可能性もある。

小川さんはイケメンで金も持っているし面白いけど、哀しいかな我々の年齢(37歳)は、結局のところ「おっさん乙」なのだ。

※元も子もないことを言ってしまうと、その方々はサ◯ラ?と考えてしまった。

小川さんは直ぐに会いたがる気持ちを一旦抑え、もう少し現実を見るべき。つまり、2と逆の方々に目を向けるべき。

  • 10人中3、4人が「アリよりのアリ」と答えるルックス
  • 文面でもその人のことが分かる自己紹介文
  • 「いいね」数は100以下

こんなところ。

1〜3の中でいえばに当たる女性が現実的な判断だろう。確かに3に該当する女性らは何というかパッとしない。年収低め、実家暮らし、よくその画像アップできたね?という謎の自撮りなど、見ていて盛り上がらないのは理解できなくもない。ただ、何度も言うが我々の年齢(37歳)は「おっさん乙」なのだ。

配られたカードで勝負するっきゃないのさ、それがどうゆう意味であれ。
by.スヌーピー

まずは自身のマインドを変えていく必要がある。

 

求めているのは彼女なのか結婚相手なのか

好みの顔で周囲からも「可愛い!」と言われる彼女が欲しいのか?
周りに自慢はできないが自身に連れ添ってくれる伴侶が欲しいのか?

どっちがいい悪いはなく、一生独身貴族という生き方も今の時代ならありだろう。また、「それでは老後が寂しいよね」となるのも当然。

小川さん自身、どちらかと言えば可愛い彼女を欲しがっているように見えるし、その気持は理解できる。ただ、本当に結婚相手を見つけなら結婚相談所で真剣に相談して動くべきだろう。

婚活が難しくなってる人は、求めているのが恋人か結婚相手なのかをもう一度明確にし、必要なサービスを使い分ければ無駄な時間なんてなくなるはず。

ただ、篠田麻里子だって交際0日で籍を入れるぐらいなので、誰にいつチャンスが訪れるかは分からないし、この記事の落とし所が見つからないので終わりにする。

頑張れ小川さん!