2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

【レビュー】キャッシュレス派なら使えるMINIMALS「手ぶら財布」

これ名刺入れではなく、ミニマリストしぶが監修した手ぶら財布

発売前から気になっていたので、販売開始後に即購入しました。この記事では、私が実際に手ぶら財布を手にし、使ってみたレビューを紹介します。

「手ぶら財布」レビュー

手ぶら財布の詳細

サイズ:約65x90x10mm(未収納時)
重さ:約33g(未収納時)
カラー:黒
素材:イタリア製 牛本革
生産地:ベトナム
想定収納量:カード3枚・お札5枚(最大9枚)・鍵1枚
価格:16,800円(税込)

 

手ぶら財布のコンセプトムービー

オサレ。小さい割に容量あって薄さはキープという素晴らしい設計。

 

手ぶら財布の画像

注文2日後に到着。エアーパッキンでしっかり梱包されてる間から【MINIMALS】のロゴが。

 

中を開けるとこんな感じ▼
緩衝材含めてセンスの良さを感じる。

実物をが想像以上の小ささ(名刺サイズ)で驚いた。

 

開いた状態。こういったところにも配慮が。そして軽い(約33g)ので、全く重さは感じない。

 

今年購入したHERZのL時ファスナー財布と比べると、コンパクトさがより際立つ。

 

ここからは実際に使ってみた感想を。

手ぶら財布の感想

良い点:設計

何度も試作を作って検証しただけあって非常に計算されている。特にお札ストッパー箇所の出来は秀逸。カードは2枚が適当で、3枚入れると膨張が気になる。見た目は小さな財布というより、小さな名刺入れ(定期入れ)といった感じ。

 

残念な点:一覧性

コンパクトに設計されている代償なので仕方ないが、財布として一覧性が低い。

 

残念な点:シール

スマホに貼るシールについては、くり返し使えるタイプの粘着力が弱く、黄色のシールだと使いきりになってしまうのが難点。

私のスマホケース(ポリカボネート)では、何度も使えるシートは全く貼りつかず、黄色いシートを使用。ちなみにスマホはiPhone8。

 

残念な点:スマホ裏に付けての使用感は悪い

一番残念な点が、スマホの背面に付けて使うのは厳しいこと。何も入ってない状態の厚みならギリギリ許容範囲だが、カードや紙幣を入れると直ぐに膨らんでしまい、見た目もいまいち。

こちらはカード2枚、紙幣3枚入れた様子。
貼り付いているというよりも乗っかってる。

ボリュームが出ることにより、ズボンのポケットに入れた際にポケットが異様に膨らむのもダメポイント。全体の厚みが増したことで、スマホも使いづらくなる。

もう一度コンセプトムービーを見てみよう。

動画を見返すと、最初はカード3枚、紙幣3枚、鍵2つ、硬貨5枚、SIMカードが入ってるけど、スマホに貼り付けてからは少なくなってるような・・・。

また、財布を開け閉めする2つのボタンが強力なので、開く度にスマホと手ぶら財布が分裂しそうになる。特に私が利用しているスマホケース(ポリカボネート)だと吸着力が弱く、直ぐに外れてしまう。

ーーー

まとめ

製品そのものは悪くないけど、スマホの裏に貼り付けて使うならばキャッシュレス化は必須で、紙幣を頻繁に取り出すスタイルの人は使い勝手が悪く感じるだろう。また、持っていると厚みで手が疲れる。

手ぶら財布の評価
デザイン
(3.0)
使いやすさ
(2.5)
機能・設計
(4.0)
携帯性
(4.0)
価格
(2.0)
総合評価
(2.5)

手ぶら財布が向いてる人

・ほぼ電子マネーしか利用しない
・しぶのファン

手ぶら財布が向いてない人

・現金派
・落とし物が多い人
・手ぶら財布とアブラサスの財布で悩んでいる

 

手ぶら財布の使い方

今回購入した手ぶら財布は使う人が限られていて、私のようにスマホも頻繁に利用する人、財布の開け締めが多い人には向いてない。

そこで、ここからは、どういう使い方なら普段使い出来るのか考えてみた。

セカンド財布

最有力がセカンド財布。スマホ後ろに貼付けてしまうと小銭を入れるスペースを開くのが難しくなるが、単体で使えば問題なし。現在試している最中だが、500円玉、100円玉数枚、5円玉数枚入れても使える。
単体で使うとボタンの強力さが心強い。

まあ、それなら多くの人が使うアブラサスの薄い財布小さい財布でいい気がするけど…。

 

マネークリップの代わり

外側に定期券、中にクレカや免許証に加えて紙幣数枚入るので、マネークリップの代わりにも使える。マネークリップと違って落ちない安心感がある。

ただ、デザイン面と使用感を考えると、アブラサスの薄いマネークリップでいい気がするけど。

 

販売サイト

2018/9/1時点では株式会社CORESが運営するCORESのみで購入可能。。