2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

女性の知らない男子トイレあるある

女性の皆さんの立場からすると秘境とも言える男子トイレ。

その男子トイレの中には、女性の皆さんが知る由もない男子特有生体と、独自のルールが存在します。学校で習うわけでも法律で決まっているわけでもないのに、自然に産み出された男子トイレのあるあるを紹介したいと思います。

目次

■すいている時は小便器を一つ置きに使うのが暗黙のルール

すいてるのに、すぐ横の便器を使ってくる奴はマジで気持ちが悪い。っだよ、コラって思う

■ ジャンパーを着ているおじさんの7割は小便器にペッと唾を吐いてから用を足す

無精髭のおやじは100%吐きます

■自分のソーセージの大きさに自信がある奴ほど小便器から離れる

自分のソーセージを立派だと思ってる奴ほど小便器から離れます

ソーセージどころかビックフランクフルトの奴なんて、マジで消防士が放水しているような距離で用を足してます

■大便器の個室に入らず小便器しか使ってない人だと指先チョンチョン洗いの奴もいる

女性からするとひくかもしれませんが、自分のソーセージに触れた指先をちょんちょんと水に浸すだけの奴もいます

■横に並んだ人の股間はなるべく見ないのが紳士のたしなみ

見られても別に気にしないけど、見ない方がジェントルメン。明らかにヅラ同士の人が話しているときにお互い目線を頭に向けないのと同じ

■飲み屋で小便器に大量の氷が入ってるとなんか嬉しい

いやこれほんとテンション上がる

■その氷を効率よく溶かすことに執念を燃やす

自分の尿で氷を溶かしてる時だけは、その飲み会が忘年会でも送別会でも合コンであろうとも、それらを全て忘れてその氷を溶かすことだけに集中します

■子供が完全にズボンを下げて小便をしている姿がほほえましい

めっちゃ可愛い。おしり可愛い

■選んだ小便器の下の床が引くほどビチャビチャだった時の不快感

ビックフランクの奴が便器から離れるから悪い

■おばちゃんの清掃員がたまにいて高確率で興奮する

おばちゃんでも興奮します。性癖とも言うが

■たまに『ジョババババババ』と活字で見えるくらいすげー音をたてて小便をしている奴がいるけどわりと日常茶飯事

ジョジョみたいに活字で見えそうなくらいの音が鳴っていることもあります

■たまにでかい声で独り言を言ってる親父がいるけど見ないようにする

大体、社会的設備である公共トイレを使いながら、社会に対して怒ってます

■いつまでも小便を切っているおじさんのズボンの股間は尿が飛び散りまくっているから離れるが吉

マジ半端なく飛び散ってます

■トイレの中に列があるとそれが小便器待ちの列なのか大便器待ちの列なのかを悩んだり牽制したりする

小便器待ちだと思って並んでいたら、大便器待ちで変な空気になったりします

■どうしても我慢できずに順番待ちの列に割り込みたい時は自分のソーセージを並んでいる奴に見せつけて威嚇するとたまに割り込める

やったことはないけどね

「コイツ中でヌイてんじゃねーの?」ってくらい個室から出てこない

混んでるときにはヌくべからず

■小便器で用を足した後、ソーセージを振るんじゃなくて腰をカクカク振ってるオヤジがたまにいる

奇怪な動きをしているように見える

そいつを斜め後ろから舐めるように見ると、小便器を抱いてるように見える

抱いてると思ったら途端にテクニシャンに見えるから人生って不思議

おしまい