2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

【レビュー】MacBook Air13インチのレビュー|Touch IDの指紋認証センサーは便利だけど・・

Photo by Michail Sapiton on Unsplash

昨年2月に購入したMacBook Proのバッテリーが劣化したようで、バッテリー残量100%あっても30分持たなくなりました(酷い時は20分)。電池の状態を見てみると『バッテリーの交換修理』の表示が・・・これはバッテリー交換のサインですね。

自力で作業して失敗するのも嫌なので、素直にアップルストアへ。

修理予約
予約はこちらからできます。希望者が多いので、予約日から数日後でないと予約できません。

平日の昼間だというのに店舗には人人人。

スタッフに呼ばれてパソコンを見せます。すると『これはバッテリー交換ですね。1週間から10日前後お預かりすることになりますが』と。いや、1週間は長すぎでしょ…となり、その日は修理に出さずに持ち帰ることに。しかし、その後もバッテリーの劣化が激しいので、買い替えることにしました。

Windows機も検討しましたが、メモリ8GB&SSD256GBで15万円以下で変えるパソコンって少ないんですよね。最後まで候補に残ったのはSurface Proでしたが、ルノアールで使ってる人を見て「これは違うかな」となり、大人しくMacに。ちなみに今回はProではなくAir。

今回は、使用して数日になりますが、MacBook Air 2018レビューしていきます。

MacBook Air 2018レビュー

購入したのは11月に発売されたばかりのMacBook Air Retinaディスプレイ 1600/13.3。色は今回もスペースグレイ(本当はブラック希望)。

早速届いたMacBook Airを見ていきましょう。

MacBook Air 2018のスペック

CPU:Core i5/1.6GHz/2コア
メモリ容量:8GB
液晶サイズ:13.3 インチ 解像度 WQXGA (2560×1600)/Retinaディスプレイ
ストレージ容量:SSD:256GB
インターフェース:USB3.1 Gen2 Type-C、Thunderbolt3兼用 その他 Webカメラ
駆動時間:12 時間
サイズ・重量:幅x高さx奥行 304.1×15.6×212.4 mm 重量 1.25 kg
価格:144,000円(購入時の価格)

Airといっても重量は1.25kg。もう少し頑張ってほしかったのが正直なところ。なお、Proは1.37kgなので、体感は変化なし。

MacBook Air 2018の画像

まずは外箱。


はい、外箱です。確実に外箱です。


前から少し思ってましたが、ProがあるならアマチュアのAmaとかも欲しいですね。ドヤりたい奴やスキル低い人が使うイメージ。私なら直ぐに買いますよ。


取り出すとこんな様子。相変わらずシンプルですね。

もっと黒く

今回選んだスペースグレイよりも黒希望なので、事前にシェルカバーを購入しました 。

2,000円以下でシェルカバー&キーボードカバーがつくというお得感のみで購入しました。付けた様子がこちら。


だいぶ黒くなりましたね。ただ、指紋や脂は付きやすいので値段相応かなと。

黒にした理由は、Appleマークが好きじゃないからです。Macの操作感は好きなんですが、昔からどうもAppleマークが好きではなく、iPhoneもリンゴマークが見えなくなるようにカバーを付けて使うほど。信者じゃねぞという中二病発動です。

カバーに話を戻すと、前回のProを裸でリュックのPCケースに入れ続けてバッテリーに影響が出てしまったような気がするので、ガッチリしたタイプも検討中。重くなりすぎるのも嫌なので難しいところですが。

充電器が小さく


左がProの充電器で、右がAirの充電器。だいぶ小さくなり、持ち運ぶ際はコンパクトになったのは嬉しいですね。

 

マグネット式 覗き見防止フィルター

真面目な会議してる時にも関係ないサイトを閲覧したい、カフェでも周囲を気にせずFANZAで動画探したいというゲスな理由が大きく影響し、今回始めて覗き見防止フィルターを導入しました。購入したのは、YMYWorld マグネット式 覗き見防止フィルター。マグネットなので、パチンと直ぐにハマります。

付けた様子がこちら。


正面からだと普通に見えますが、、、

 


少しでも斜めから見るとこの通り。ほぼ見えません。素晴らしいですね。

 

「Touch ID」指紋認証センサーが便利


右上の黒ポッチです。最初は「へぇ」程度の印象しかなかったTouch IDの指紋認証センサーが無茶苦茶便利。私はApple Watchを持ってないので、Macでパスワード入力せずに使うのは初。この機能には便利さしかありません。

まとめ

昨年の2月に購入したMacBook Proは2016年製、今回新しくしたのは2018年のMacBook Air。正直なところ、大きな変化はありません。そもそも、今回発売されたAirはあまり話題になってませんね。確かに実機を見た時、新鮮味や心踊る感じはなく、ほぉ〜程度。素人目にはマイナーチェンジにしか感じませんでした。

レビューを見ていても「もう買わない」という声も見かけるようになりましたね。

個人的には、SurfaceやVAIOのようなタブレットPCを見てみたいです。ディスプレイを単体で使えばiPadのように、キーボード足しても1kg以下の軽量ノートパソコン。そろそろマイナーアップデートだけでは飽きられてしまいそう。

デザイン
(4.0)
処理速度
(4.0)
グラフィック性能
(5.0)
拡張性
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
携帯性
(3.0)
バッテリ
(4.0)
液晶
(4.0)
総合評価
(4.0)

以上です。