フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

映画『君の膵臓をたべたい』に出てた浜辺美波の可愛さにやられてファンクラブに入ってしまった

少し前に映画の宣伝をしている浜辺美波をバラエティ番組で見て「可愛いなぁ」って、おっさんながら思ってしまったのです。オイドンは現在37歳なので、ほぼ20歳下の女性を可愛いと思ってしまう=キモいおっさん確定ですが、仕方ない。

その浜辺美波が出演した映画『君の膵臓をたべたい』を見ました。 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

内容

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを、2人は知る――。


「君の膵臓をたべたい」予告

浜辺美波の可愛いさ全開

映画序盤から続く山内桜良(浜辺美波)の僕(北村匠海)への猛烈なアタックが物凄いです。無茶苦茶あざとすぎて可愛くなければ許されないレベルですが、浜辺美波なのでOK。

・北村匠海に近づくために図書委員に
・デートの約束を勝手にする
・旅行の約束を勝手にする
・ホテルを同部屋にする
・ホテルでの「真実か挑戦か」ゲームで「私はクラスで何番目?」「私の可愛いところ3つ」などの質問
・旅行帰りに僕(北村匠海)が「楽しかった」と言った後のB地区付近を指ピーン
・両親いない間に家に呼ぶ
・入院中に北村匠海が来た時のリアクション
・入院中に共病文庫を読む権利を与える時の指切り
・入院が伸びた後に駆けつけた僕(北村匠海)に対するハグ

浜辺美波のあざと可愛いさがもうね・・・たまらんです。互いに「君」と呼び合う掛け合いも◎

 

作品の感想(ネタバレあり)

山内桜良(浜辺美波)の死因が病気ではなく、通り魔事件に巻き込まれて亡くなるという最期は予想外でした。その後、山内桜良(浜辺美波)の母親に病気のことを知っていたことを伝え、差し出された共病文庫を見ながら振り返るシーンで泣きます。

恭子(北川景子)や僕(北村匠海)宛に残した手紙、その手紙で「君」ではなく「春樹」と呼ぶのも感慨深く、最後はタイトルにもある「君の膵臓をたべたい」で締めます。この言葉、山内桜良(浜辺美波)が亡くなる前に僕(北村匠海)が送ったメールの内容と一致します。

あと、全然関係ないですけど、この映画に出てる小栗旬はおばたのお兄さんに似てました。

 

浜辺美波は可愛いだけじゃない

にしても浜辺美波の可愛さが尋常ではないです。時折見せる色気、意味深な表情、目つき、色気、手紙の時のナレーション、色気と、女優さんとしても凄い存在感でした。今ではすっかりファンになり、ファンクラブにも入ってやりましたよ!

minamihamabe.futureartist.net

 

 

・・

 

・・・

 

プレミア会員になると『美波チャレンジ!』という浜辺美波でないと詐欺になるクソ動画があるんですけど、それを見たいがためにプレミア会員にもなり(月額540円!格安!!!)、その動画をコッソリ見るのが最近の日課になってます。

キモい?いえ、いい夏です。