2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

牡蠣が苦手だけど、ガンボ&オイスターバーの生牡蠣食べ放題に行ってきた

「牡蠣が食べたい」

長年妻がリクエストし続けたこの希望をずっとうやむやにしてきた。それは貝類が苦手だから。シンプル・イズ・ベスト。行く理由がなかった。

勿論食べたことはある。

かつて友人から、「こんな美味しいもの食べないなんて人生半分損している笑」と言われて食べてみたが、1個しか食べることができなかった。理由は水槽?海岸?のような磯臭さ。それ以来食べてない。

しかし、妻は牡蠣を食べに行くことを切望し続けた。夏の強い日差しが降り注ぐ日も、夕日が眩しかったあの時だって…なので、水面下で妥協点を模索していた。

条件として

・牡蠣食べ放題
・他の料理もある

決して難しい条件ではないが、いざ探すとモロ牡蠣専門店ばかり。価格も財布に優しくなく、お店選びは困難を極めた。

「もうダメだ…」
何度こんなことを想っただろうか。

それでも探した。DMM.comで羽月希や春原未来の優良作品を探すような集中力で。そして遂にその時が訪れた。

ガンボ&オイスターバー

一筋の光が見えたのは先週のこと。この記事が目に止まった。

本日から「生牡蠣食べ放題のバイキング」スタート!先着でオマール海老も付いていくる![東京カレンダー]

値段は一人5,280円(税別)と、安くはないものの、ローストビーフも生ハムもパスタもある。牡蠣も様々な調理方法で提供してくれるので、もしかしたらハマる可能性だってある。

我が家の大蔵大臣に確認を取った。すると大臣から「はよ」という返答を頂き、直ぐに電話して予約を入れた。

無駄に前置きが長くなりましたが、先日こちらに行ってきたので感想をボチボチ書いてきます。

ガンボ&オイスターバーの生牡蠣食べ放題

イベント名:第3弾!生牡蠣食べ放題 秋のテーブルオーダーバイキング
日時:10/12(水)~10/26(水)17:00~
価格:<食べ放題>一人5,280円(税別)/120分制(90分ラストオーダー)
<食べ放題+飲み放題>一人 6,760円(税別)/120分制(90分ラストオーダー)
予約:2日前までの予約制(電話でのみ受付)
各店舗1日15名限定

飲み放題は付けず食べ放題のみを予約。写真で簡単に説明していきます。

生牡蠣


写真右端に薄っすら見える赤いタレはトマトソースで、それを大量に付けて食べてみると、、、口の中に由比ヶ浜海岸の潮のカホリが広がりました…無理ではないけど、やっぱり苦手。残り7個は嫁が食べました。

牡蠣のバターソテー


これは問題なく食べることができました。バターソテーは裏切らない。

トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ 


言いたいがために注文しました。食感ブヨブヨ。

ローストビーフ


サブウエイのローストビーフに似た味です。

オマール海老オーブン焼き(半身)


先着1,000名限定。びっくりぐらい、、、普通の味でした。

カルパッチョ


皿の下に見える透明なのも食べれます。食感はブヨブヨ。

オイスターカクテル3種(トマトビネガーのオイスターカクテル・バジルソースのオイスターカクテル・ポン酢ジュレのオイスターカクテル)


ほぼグラタンです。左のパンプキンのが美味でした。残り2個はワイフが美味しくいただきました。

ウニのペペロンチーノ


。。。

牡蠣の白ワイン蒸し


パッカーンするとこうなります↓

2つともワイフが美味しくいただきました。

以上です。

感想

牡蠣好きでとにかく牡蠣を味わいたい!という方にはオススメです。私は3個しか食べてませんが、ダッチーは非常に美味しいとご満悦でした。お酒の種類も豊富なので、店内は女性二人組が多かったです。

不満点

提供スピード

料理は最初に生牡蠣が運ばれ、約30分後にオマール海老が運ばれてきます。最初の生牡蠣到着以降に食べ放題の該当料理をオーダーする形式ですが、まあ一品一品の料理が運ばれるスピード遅い。15分〜30分前後普通にかかります。

食べ放題は120分でラストオーダーが90分でしたが、一度に多く頼まない限り120分で全種類制覇は無理。時間測ってませんが、食べてる時間約20分、待ち時間約100分ぐらいの体感です。お店の名前が「オイスターバー」なので、〈お酒飲みながら牡蠣をつまみに〉というのが本来の楽しみ方なんでしょうね。

パスタ…

かなり楽しみにしていたパスタがほとんど味なくて驚きました。日清Spa王のふりかけ&ソース無しを食べてるのと変わりません。食べ放題のパスタって「まあ、、うん。」みたいな味でも文句言いませんが、5,000円以上取ってる食べ放題であのクオリティはアカンぜよ。

まとめ

高え