2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

イチジクはエロい!【いやらしい果物ランキング】

以前、女芸人の友近がエロい女将を演じるコントで、イチジクをむさぼる様に食べている映像が全国ネットで放送されていた。

「ほう、やるな、友近」と僕は大いに感心してしまった。

なぜなら僕もイチジクこそが、究極にして至高のエロ果物であると思っていたからだ。見事に先を越されてしまった気分だ。

どうしてイチジクはエロいのだろうか?

いや、そもそも果物にエロスを感じるという不思議がある。

ただの果物を見て、人に対して生まれるべきエロスの感情が重なり生まれる事自体に果てしない謎が隠されているように思えるのだ。これは僕が人生をかけて解き明かさねばならない謎かもしれない。

そこで今日は、いやらしい果物をランキングしてみた。

考えうる限りの理由を書いてみたが、あくまでも、個人的見解であることは付け加えておく。もしアナタが果物にいやらしさをを感じることが出来たら、一生童貞でも大丈夫ですよ!!

5位:ぶどう

【女性に誘われる】

【乳頭指数の高さ】

ひと粒もぎって、口にくわえる様子を見ているだけでエレクトしそうになるぶどう。

セレブの女が咥えて誘ってくる果物の象徴的な存在だと思っている。口に含むとコロコロしても良し、舌先で転がしても良し。歯ごたえも乳頭指数の高さがうかがえるジューシーな甘みと触感が楽しめる素敵な果物。

そのものよりも食べるエロス

お酒にもなるエロス

4位:ラズベリー

【猟奇的なエロス】

【エログロさ】

第4位はラズベリー。何故か毒々しい猟奇的なエロさを感じてしまう、とても肉体的な果物になっている。これらの果物の魅力は潰れた時だと思うので、是非潰してグチョグチョにして食べてみてほしい。

でもラズベリーが潰れた様はグロく感じてしまうので、ほどほどに美味しく感じられるくらいで食べるべきです。あと、首に塗りたくりたくなる赤ですよね。同意は得られなくてもいいです。

なんかエロい

関係はない

3位:バナナ

【もはや言うまでもない】

男性の象徴のような存在であるバナナ。

バナナはおやつに入らないけど、逆に他の色々なものには出し入れしやすい形状をしており、大きさや反り具合なども含めてとても象徴的な果物だ。

見てよし、咥えてよし、口に出して言っても良しのハイパーな果物なので、僕も「あたし、小さいバナナよりも、大きいバナナのほうが好きなんですよね」というセリフを会社の女子社員に言わせるべく日々奮闘中だ。

ちなみに僕はモンキーバナナ野郎です。おいしいですよね。

いててててて

おいしいバナナ

2位:りんご

【男女の愛】

【禁断の果実】

神話の時代から存在するエロい果物。同時に不倫や不貞。禁止されている事をやっちゃうというエロさの象徴的な果物。

唯一エロスが弱い点を挙げさせてもらうなら、やはり汁の少なさだと思う。大切なんだよね、汁って。ちなみに、りんごと言えば青森県だが、僕の中では禁断の県なのでいく度にドキドキ出来る素敵な街だ。

あとりんごメッチャうまいよね。大好き。

白雪姫のせいでリスキーな果物にも感じる

球体が欠けるエロさなのか・・・

1位:いちじく

【和エロス】

【浣腸】

エロい果物のキングオブキング。記事のタイトルですでにネタバレしているが気にしない。

むさぼるように食べてもエロいのに浣腸の名前にまで使われているので、王道のエロスも邪道のエロスも制しているといえる。野球界で例えたら走攻守そろったイチローのような存在。

いちじくの生産量が日本一の愛知県の女性は全員エロいに違いないと確信しています。愛知県の女性といちじくと浣腸には密接な関係がありますね。

エロリアン

エロエロリアンイチジク

以上となる。どうだろうか?新鮮でおいしそうな果物に興奮できただろうか?

ちなみに、ゴールデンタイムでいちじくを貪っていた友近だが、その頃から微妙にTV出演が減ったような気がしないでもない。

フォレストラバーはTVでいちじくをむさぼる友近を応援しています!