Jリーグ移籍情報毎日更新中!

高橋ひかるが第96回応援マネージャーに決定!!歴代の高校サッカー応援マネージャーはみんなゴージャス!【新垣結衣・広瀬すず】

全国高校サッカー選手権大会の季節が今年もやってくる!

www.ntv.co.jp

毎年12月の末から年始にかけて高校サッカー部員たちの熱い戦いが繰り広げられている。僕は毎年高校サッカーを見にスタジアムに足を運んでいる。モンスターと呼ばれていた国見高校での平山相太の得点や、鹿児島城西高校のハンパない大迫勇也の活躍。四日市中央工業高等学校のジャガー浅野拓磨のゴールなどを見てきてプロになった後の活躍を微笑ましく応援している日々です。

ところで皆さん。高校サッカーって毎年、

応援マネージャー

という名目で将来有望な女性芸能人が選ばれているって知ってましたか?

応援マネージャー

応援マネージャー』とは、大会期間中に日本テレビが放送する全国高等学校サッカー選手権大会のハイライト番組『高校サッカー魂』に出演して番組を楽しみにしている男子高校生を微妙にムラムラさせる人達と共に高校サッカーを盛り上げていく存在です。

その『高校サッカー応援マネージャー』に就任している歴代の女性芸能人の方々がメチャクチャゴージャスなんですよね。今日はその歴代の『応援マネージャー』についてまとめてみました。それでは最近から順番に見ていきましょう!!リフティング回数によって紹介の仕方が変わりますのでご注意を

13代目:高橋ひかる(第96回大会)

リフティング回数:14回(すばらしい)

第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞しているオスカープロモーション所属の高橋ひかる。『人生の約束』のヒロイン役。大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演していた若手のホープですが、アップで見ると下がり眉毛が気になる。

どことなく漂う、柏木由紀感はあるものの、スタイルは抜群で素敵!

元気に踊る系ですね。これは伸びしろあるで。

12代目:大友花恋(第95回大会)

リフティング回数:15回(すばらしい)

2017年の応援マネージャーである大友花恋。動画で見ると喋り方がモゴモゴしていたり、ちょっと前歯が出ているような気がするが、リフティングをしっかり練習して撮影にいどむ頑張り屋さん。リフティング回数が15回は本当に素晴らしい。絶対に売れると思う。

今後を期待される女優・モデルで、ウッチャンが監督・主演した映画『金メダル男』で間宮凛子役にて出演。広瀬すず的髪型よりも、ゆるふわな髪形の方が絶対似あうと思う。

伸びしろあるで。伸びしろしかないで。


11代目:永野芽郁(第94回大会)

リフティング回数:11回(すばらしい)

守ってあげたくなるような印象の永野芽郁さん。なんとなく身体の線が細いというか、こまり顔?こまり眉?のせいなのか、明るくて元気いっぱいという印象というよりも、ややしっとりと落ち着いた印象の方が自然に見える。

人気ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』にて船川玲美役で出演。さらに、なんといっても映画『俺物語!!』の最高にカワイイ大和凜子役を演じているのが大きいですね。今後に期待できます!


10代目: 広瀬すず(第93回大会)

リフティング回数:5回(ふつう)

応援マネージャー』から火がついて大ブレイク!そして『みなさんのおかげでした』の“スタッフ軽視”発言で大ブレーキ!リフティングがせめて10回に達していたらもう少し違っていたかもしれないと思うと残念!何かとお騒がせな美少女・広瀬すず。それでもドラマ、映画、CMといまだに大人気です。

特に映画での評価は高い様で『海街diary』での浅野すず役をはじめ、『ちはやふる』では主演の綾瀬千早役を熱演。『四月は君の嘘』では難しい役である宮園かをり役をこなしていました。賛否はあるみたいですけどね笑。役者としても高く評価されているようだ。


9代目:松井愛莉(第92回大会)

リフティング回数:10回(すばらしい)

個人的には『応援マネージャー』の中でも上位に入る可愛らしさを誇る松井愛莉さん。スゲー可愛いと思うんだけどなんかまだ当たりが来ない印象。ぜひ頑張ってほしいところです。

ちなみに、中谷美紀主演のドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』で自分に都合のいいことをするちょっと嫌な女役を無難にこなしていたので、もう少し頑張って主演が張れるように応援していきたい。


8代目:大野いと(第91回大会)

リフティング回数:2回(なめてる)

歴代の中でもあまり人気のない大野いと。おそらくリフティング回数が2回というなめてるとしか思えない回数のせいでサッカーファンから見放されているからだろう。あと、グラビアを見ていてなんかガタイがデカいなと感じる。やはりリフティング回数が2回なのでしかたないのかもしれない。

ただ、独特の雰囲気があるのでモデルとして活躍してくれることを祈るばかり。


7代目:川口春奈(第90回大会)

リフティング回数:3回(なめてる)

現在ドラマに映画に引っ張りだこの川口春菜。最近では幼さもヌけてきて大人の女性のたたずまいになってきており、グラビア関連についても期待できる存在。しかし、リフティング回数が3回ということもあり、ドラマの視聴率は安定しない。特に『夫のカノジョ』では視聴率が爆死してしまい、途中で打ち切り状態に。やはりリフティング回数の重要性が伺える。

しかし、ドラマ『金田一少年の事件簿』ではヒロインの七瀬美雪役を。映画『一週間フレンズ。』では藤宮香織役をやるなど、勢いは衰えをしらない。是非ともリフティング回数を伸ばしていってほしいものだ。


6代目:広瀬アリス(第89回大会)

リフティング回数:7回(ふつう)

当時まったく魅力的に思わなかった広瀬アリスだが、最近は妹の広瀬すずの勢いに飲まれないようにややセクシー路線にシフトチェンジしたようだ。たしかに姉妹で方向性がかぶるよりもいいのかもしれない。

また、映画『氷菓』にてメインヒロイン・千反田える役に大抜擢!これからは妹とは少し変わった路線を見つけて頑張っていってほしい。

セクシー路線というか強いAV感を感じる。はずれのAV感がすごい。


5代目:川島海荷(第88回大会)

リフティング回数:4回(ふつう)

リフティングが4回しか出来なかった割に売れまくってる川島海荷。特に単独で売れていくのかと思いきや、アイドルグループ『9nine』に加入し人気に一役買う。2016年4月に脱退した直後、北乃きいを押し出して、日本テレビ系情報番組『ZIP!』の総合司会に就任したのはデカい。

しかし、演技はなんともいえない上にハンパじゃない童顔なので、どういう視点で見たらいいのかわからない芸能人だ。


4代目: 逢沢りな(第87回大会)

リフティング回数:5回(ふつう)

主演でなくとも着実に映画・ドラマに出演していき実力を蓄えている逢沢りな。リフティング回数は普通だが、かなり高いポテンシャルを秘めてると言って良いでしょう。

演技の仕事に関しても、『新・牡丹と薔薇』で主演をつとめるなど、これから期待されているのではないかと思われる。地道に力を付けて演技もリフティング回数も伸ばしていってほしい。


3代目:北乃きい(第86回大会)

リフティング回数:6回(ふつう)

ずっと『ZIP!』の総合司会をやっていたが、2016年に川島海荷にバトンタッチした北乃きいさん。なんか、北乃さんて安定感のない顔で見る度に印象が違っている気がするんですよね。良い意味でも悪い意味でもありますが。

ちなみに体重が増えて、かなりゴッツァンデス状態になってしまっている噂もありますが、『ZIP!』を卒業したことで活躍の場が逆に広がるかもしれないので、期待していきたいところです。


2代目:新垣結衣(第85回大会)

リフティング回数:4回(ふつう)

ドラマ・CMで大活躍のガッキーこと新垣結衣さん。昔はそんなに好きじゃなかったのに、年を重ねるごとに魅力的になってきている気がする。不思議な女優さん。

出演作品も素晴らしく、『らんま1/2』では天道あかね役を。個人的に一番好きなドラマ『リーガル・ハイ』では黛真知子役を演じてコメディエンヌとしての才能が開花。他にも『掟上今日子の備忘録』や『逃げるは恥だが役に立つ』でも主演をつとめるなど、衰えることない人気を誇っている。たぶん今リフティングをしたら100回を超えてくるのではないだろうか。

グラビア的写真よりも動いている新垣結衣の方がカワイイ。でもグラビアでも天使を超えた天使。今気が付いたけどただのガッキーファンみたいなコメントをしている。きもいですね。


初代:堀北真希(第84回大会)

リフティング回数:2回

マジ舐めてるとしか思えない回数しかリフティングが出来ない上に、途中出場の山本耕史にハットトリックを決められて電撃結婚をした堀北真希さん。もはやリフティング回数よりもペッティング回数の方が多いのは間違いなく、さらに男の趣味は悪いけど、彼女が初代の応援マネージャーです。ですので、この応援マネージャーの歴史を生み出した存在と言ってもいいと思います。素晴らしいですよね!感謝ガンシャです!

演技の方でも『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で芦屋瑞稀役を演じ、のちに前田敦子との顔面偏差値の差を見せつけていた。『ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル』でも来宮渚役を通して主演の力をいかんなく発揮していた。また、助演でも『ALWAYS 三丁目の夕日』でも素晴らしい演技を見せていた。どうか幸せな結婚生活を送ってほしいものだ。

まとめ

結局のところ、みんな可愛いよね。