2019年1月スタートの冬ドラマ情報はこちら

梅雨の時期から活躍する水陸両用サンダル探し2017。今年はアシックスのAirfit(エアフィット)

蒸し暑くなってきたので、去年に続いて水陸両用サンダルを探してました。

昨年手に入れたビルケンのサンダルは今年も履いてますが、現在はプライベート用。同僚に「外回りでこのサンダルはカジュアル過ぎでしょ?」と、いい年して注意されたので、リベンジです。今回も水陸両用に絞って探しました。

希望としては
・通気性よし
・5,000円前後
・クロックスで使われてるEVA素材
・軽い
・ベーシックなデザイン
・オフィスカジュアルギリギリセーフ

こんなところで、全て条件が揃ったのがこちら。

 

石田純一スリッポンです。

前から知ってましたが、昨年まではカラーがホワイトとネイビーのみ。今年は待望のブラックが追加されたので即ポチ。

AIRFITのレビュー

購入した2日後に届きました。


至ってベーシック。フニャフニャしているので、革靴のようなイヤらしさはありません。

中敷きを取ると、ややサンダルらしくなります。


これなら素足で履いても臭くならなそうです。

横から見るとこんな感じ。


通気性がよいので、雨の日に中敷き入れたまま履くと中敷きが大変なことになりそうです。

裏はペッタンコ。


Air Fitの文字。そういえば、この靴はアシックスなんです。アシックスの靴を買ったのは小学6年の頃にラモス瑠偉モデルを購入して以来で懐かしい。

履くとこんな感じ。


無垢な女の子のような足元になってますね。

中敷きを外して裸足で履くとこのように。


プレイボーイになりたいけどなれないチェリー感が出てしまいました。つま先のみか、足の前半分のみの靴下を履けば、丁度良さそうな気がします。今回アンクルパンツに合わせたので、通常のパンツと合わせれば違和感ないかも。

AIRFITの感想

履いて3日目ですが、今のところいい感じです。中敷きのクッション性が高くて疲れません。

デスクワーク時は靴の上に足を置いてます。今日は台風の影響で天気が荒れそうなので、帰りは中敷きを外して使うことになるでしょう。中敷きなしで外を歩いてないのでどうなるのか楽しみです。

AIRFITの難点

個人差あると思いますが、人によってはそもそも靴がダサいと感じる人もいることでしょう。私は全く不満なし。むしろ4,000円前後でこのクオリティなら全然アリ。

なんだかんだ毎年1足新タイプを試しているので、来年「新色買ってやった」と言いたい。

※2018年11月追記
新タイプは販売されてないようです。

ちなみに同僚はsalomonのウォーターシューズを大絶賛してました。確かに蒸れなそうだけど、ややデザインが…となり今年はアシックス。来年は分からないけど…。