フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

村上龍『オールド・テロリスト』感想文|とりあえず表紙の可愛らしさと内容の残酷さのギャップを無くしてほしい

装丁のイメージと本の内容が大きく異なる作品は多いが、村上龍『オールド・テロリスト』の表紙とその内容のギャップは大きすぎる。 このユーモラスな表紙に『オールド・テロリスト』というタイトル。それらに引っ張られて、行為は過激でもどこか遊び心のある…

【読書初心者用】読みやすいミステリー小説をまとめてオススメ!!【18作品】

2018年8月10日更新 ミステリーを読んでみたいけど、難しくて楽しめなかったら嫌だという感覚・・・よくわかります。 そんな人たちのために、 読みやすいミステリー小説 というものも存在します。 読みやすいミステリー小説で慣れることで、本格ミステリーを…

紗倉まな『最低。』感想文|女の子が自分で選んだ道を【AV落ち】なんて呼ばないで欲しい

「いつも大変お世話になっております」 と、 三つ指立てて頭を下げなければならない人がいる。 名前は、紗倉まな。 職業はセクシー女優だ。 本当に日々お世話になっている。 「ありがてぇ・・・ありがてぇよぉ・・・」 といった感じで手をこすりながら感謝の…

映画『君の膵臓をたべたい』に出てた浜辺美波の可愛さにやられてファンクラブに入ってしまった

少し前に映画の宣伝をしている浜辺美波をバラエティ番組で見て「可愛いなぁ」って、おっさんながら思ってしまったのです。オイドンは現在37歳なので、ほぼ20歳下の女性を可愛いと思ってしまう=キモいおっさん確定ですが、仕方ない。 その浜辺美波が出演した…

超能力者が登場する珍しい小説たち【9作品】

※2018年7月30日更新 「超能力者はこの世界に本当に存在するのだろうか?」 そんな疑問は誰しもが抱いたことがあり、肯定派・否定派が多数存在する。いまだに議論されているということは明確な回答は得られていないのだろう。 小説においても “超能力” という…

親は子供の命と人間性のどちらを望んでいるのだろうか?『望み』感想文|雫井脩介

雫井脩介『望み』を読んだ。 この作品を読み終えた後に持て余す ”虚無感” は、今まで読んだ小説の中でもトップクラスであることは間違いない。 痛みと悲しみに溢れ、救いはなく、圧倒的な死が目の前にある作品。 同時に家族が身内に対して抱く ”望み” につい…

《J1》2018年のJリーグ移籍情報や噂まとめ《速報》《随時更新》鹿島と鳥栖で金崎夢生とチョン スンヒョンの大型トレードが成立!

2018/07/24 更新 2018シーズンのJ1リーグは、サンフレッチェ広島がスタートダッシュに成功した。ワールドカップ期間中は国内のニュースは少ないものの、不振なチームや出場機会を求める選手が動き始めている。 そんな気になるJリーグ移籍情報を噂含めてまと…

《J2移籍情報》2018年のJ2リーグ移籍ニュースを総まとめ《速報》アルビレックス新潟がFC東京から梶山陽平をレンタルで獲得!

2018/07/19 更新 J1の移籍情報をまとめてましたが、こちらはJ2版です。 J2の移籍情報や噂まとめ ・ソース元は各チーム公式サイトとスポーツメディア・J2チームのみ掲載・表の「Po」→ポジション・A契約、二種登録含める・J特指定→JFA・Jリーグ特別指定選手…

読後感が最悪な胸くそ悪い小説こそ読むべきだ【17作品】

※2018年7月19日更新 本を読み終わったあとに胸クソ悪くなる作品は、世の中にたくさんある。 何故わざわざ時間をかけて本を読み、嫌な気持ちになる必要があるのか、理解できない人たちもたくさんいる事だろう。 そんな方々に勘違いしてもらいたくないのは、そ…

欧州サッカー移籍情報《速報》噂含めた最新情報のまとめ!リバプールがストークからスイス代表のシャチリを獲得!

2018/07/14:更新 今年の冬は例年になく活発に市場が動きました。引き続き夏の噂をまとめていきます。 2017-2018シーズン夏の移籍市場についてはこちら www.forest-lover.com // スポンサーリンク'); // ]]> // 欧州サッカー移籍情報 《随時更新》 欧州サッカ…

むぎ焼酎「いいちこ」のCMは狙ったシュールなのか?

CM制作者はウケ狙いで作っている訳ではないのかもしれないが、むぎ焼酎「いいちこ」のCMがシュールでジワリと面白い。 www.youtube.com 酒のCMなのに5人組のマッチョのライフセーバーが救助を行うために全力疾走。Billy Ban Ban(ビリーバンバン)の美…

額賀澪『拝啓、本が売れません』感想文|図書館で借りちゃって本当にゴメン!!

現代社会では、情報はインターネットを使ってすぐに手に入るものになった。 以前は情報源の中心であったテレビや本が大きな力を持っていたが、youtubeをはじめとする動画配信サイトや、Kindleのような電子書籍が増え、情報取得の方法そのものが変わってきて…

《J2移籍情報》2017年-2018年のJ2リーグ移籍ニュースを総まとめ《速報》アルビレックス新潟がFCインゴルシュタット04から渡邊凌磨を獲得!

2018/07/08 更新 J1の移籍情報をまとめてましたが、こちらはJ2版です。 J2の移籍情報や噂まとめ ・ソース元は各チーム公式サイトとスポーツメディア・J2チームのみ掲載・表の「Po」→ポジション・A契約、二種登録含める・J特指定→JFA・Jリーグ特別指定選手…

アナタの小さな罪で人が死んだらどうするんですか?『乱反射』感想文|貫井徳郎

読むことで絶望感や、やるせなさを感じる本は何のために存在しているのだろうか? 読後感の悪い本を時間をかけて読み、不快感を感じるメリットについて僕はよく考える。 貫井徳郎『乱反射』を読んだ時も同じように悩み、苦しんでしまった。 この作品は何人も…

西野監督『 勝利のルーティーン』感想文|西野朗にできてハリルホジッチにできなかったことを著書から読み解く!

はじめに ワールドカップ直前に起きたドタバタのハリルの解任騒動の頃、本大会での日本代表の躍進を誰が予想できただろうか。 約二ヶ月ほどの準備期間しかない中で、西野監督はよくチームをまとめあげて決勝トーナメント進出を果たしたのではないかと思う。 …

予想を覆して決勝トーナメント進出を果たした日本代表のグループリーグ採点【ロシアW杯・全選手・監督・奥さん・広子】

批判もありますが日本代表がグループリーグを突破してくれました! 嬉しい!! 開幕前は「終わった」「3戦全敗」など批判され放題でしたが、開幕すると・・・ コロンビア戦→幾つのラッキーも重なりまさかの勝利!!セネガル戦→序盤は相手の勢いに押されるも…

おすすめの警察小説【12作品】リアル、人情、サスペンス、猟奇殺人、マル暴、海外作品を厳選!

僕はハードボイルドな警察小説も好きで読むし、映画化に向いているエンタメ的な警察小説もよく読む。 警察という存在が現実的であまりにも自然に身近にあるので、自分が『警察小説』というジャンルを多く読んでいる認識はあまりなかったのだが、記事を書くに…

《J1》2017年-2018年のJリーグ移籍情報や噂まとめ《速報》《随時更新》セレッソ大阪の柿谷曜一朗がまさかのガンバ大阪移籍か!?

2018/06/22 更新 2017シーズンのJリーグは、川崎フロンターレが最終節に逆転で初優勝で幕を閉じました。水面下では各チームが新卒選手、ユース上がりの選手を来シーズンチームに加えるかの動きが出てきてます。 夏には出場機会に恵まれない選手や海外から帰…

大人になったアナタに贈る青春小説『あの夏、二人のルカ』感想文|誉田哲也

誉田哲也『あの夏、二人のルカ』を読んだ。 『ストロベリーナイト』のように凄惨な事件や死体が登場するシリーズも描き出すと同時に、や『世界でいちばん長い写真』のように、思わず駆け出したくなるような爽やかな青春小説も生み出している誉田哲也だが、ど…

電車内でギャルのダジャレで笑っちゃった敗北感

最近の僕は情けない。 本当にどうしようもないほど情けない。 情けないと言っても、お金がなくてサイゼリアでドリンクバーのみで5時間かけて飢えを凌いでいた先日の僕の休みの過ごし方を言っている訳ではないんですよね。 いや、それも確かに圧倒的に情けな…

【西野朗に届け!】本番まで残り時間が少ない中で日本代表が少しでも勝ち点を積み重ねていくシステムやメンバーを考えてみた

ここまで期待が持てない日本代表を見たことがない。 悪くない立ち上がり↓勿体無い失点(スイス戦はPK)↓相手流し気味になる↓ボールキープだけで決定機すら作れない↓後半に一瞬の隙を付かれて追加点を奪われる↓選手交代するも目立たず↓試合終了 冗談ではなく…

柚木裕子『盤上の向日葵』ネタバレ感想文|唐沢の目線で読むことをすすめたい!

柚木裕子『盤上の向日葵』を読んだ。 2018年本屋大賞第二位になったミステリー作品。 ミステリーといっても読者が謎を考えるタイプのミステリーではなく、一人の人間の生き様を、刑事と共に追体験していくようなミステリーになっており、良い意味でいつも通…

折原一『異人たちの館』感想文|本屋大賞2018年発掘部門超発掘本だけど僕は全然面白くなかった

本屋大賞2018年発掘部門超発掘本!折原一『異人たちの館』を読んだ。 本屋大賞発掘部門超発掘本とは、 ジャンルを問わず、2016年11月30日以前に刊行された作品のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと思う本をエントリー書店員が一人1冊選び…

胸熱の傑作小説『かがみの孤城』感想文!じっくり生まれる信頼関係がこんなに心地いいなんてすっかり忘れていた|辻村深月

辻村深月『かがみの孤城』を読んだ。 多くの辻村作品を読んできたが、この作品はその集大成とも呼ばれており本屋大賞を受賞するのも納得の傑作といえる。本当に素晴らしい作品だった。 正直、素晴らしい作品すぎて書評・レビューなんて書ける気がしないので…

ショートエッセイ集『楽しむマナー』を楽しむマナー!感想文

『楽しむマナー』を読んだ。 楽しむマナー 楽しむマナー (中公文庫) posted with ヨメレバ 中央公論新社 中央公論新社 2017-03-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 紹介文 人が喜ぶおごられ方から天寿を全うする方法まで、人生のあらゆる場面で出くわすマナーの…

2018年大注目のグラビアアイドルやタレントを厳選紹介

2018/05/22:桃月なしこを追加 グラビアアイドル情報網が弱まってきたので、プレイボーイ、FRIDAY、SPA等を読み漁るようになりました。その中から個人的にグッときた人を一挙に紹介していきます。 今見るべきグラビアアイドル、タレント ・雑誌や週刊誌で水着…

タイトルにチョコレートが入る小説たち【8作品】バレンタインデーにどうぞ!

2018年5月21日更新 『チョコレート』という言葉からはどんなイメージが連想されるだろうか? 高級感があるものから駄菓子屋で売っているお手軽なものまであり、子供から大人までが手に取るチョコレート。バレンタインで贈るときのドキドキや貰った時の喜び様…

【サッカー日本代表】ガーナ戦のメンバー27人発表!予想の答え合わせと感想|岡崎慎司が復帰で中島翔哉が外れる

日本サッカー協会(JFA)が昨日の18日、今月30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 最新の日本代表メンバー(5月18日時点) 西野朗新監督も会見で発したように、本大会のメンバーもほぼこのメンバーに…

なぜ『教団X』が”つまらない”という感想になるのか考える|明確な答えを示さない傑作小説の感想文|中村文則

アメトークの読書芸人を観た事のある人ならば知っていると思うが、中村文則さんの小説の中に『教団X』という作品がある。 番組の中で大絶賛されていたこともあり、多くの人が手に取ってこの本を読んだことだろう。 特徴的な装丁や壮大さを感じさせるタイト…

【サッカー日本代表】予備登録の35人発表は明日の5月14日!ロシア本大会メンバー23人を今一度予想してみる【3回目】

明日5月14日が、2018年ロシアワールドカップ予備メンバー35人の登録期限となる。 今後の予定としては 5月14日→35人の登録期限5月18日→直前メンバー30人程度5月30日→ガーナ戦5月31日→最終メンバー23人発表 監督がハリルホジッチから西野朗…