フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

マンUのポグバ&マティッチのデカうま早な大型ダブルボランチはズルい【プレミアリーグ開幕】

2016-17シーズンのプレミアリーグがスタート。

今シーズンからDAZNでもプレミアが見れるようになったので、早速マンチェスター・ユナイテッド(マンU)対ウエスト・ハムの一戦を視聴。結果はマンUが4−0で好スタートを切ったけど、結果以上に気になったのがポグバマティッチの身長190cm超え大型ダブルボランチ。てか、あの2人を中盤に置くのはちょっとズルいよね。

Embed from Getty Images

デカいのは見たまんまなんだけど、二人ともテクもスタミナもある(こうして賞賛の言葉を並べるとストレートな下ネタを言っているようだが、これはサッカーの話)。一昔前のサッカー選手なら、背が大きい=どんくさく技術に難ありな選手ばかりだったけど、イブラヒモビッチが現れて以降、デカイ!上手い!な選手が増えてきて、最近はそこに早い!まで加わっている。こんなポグバとマティッチのデカうま早(サイズだけが自慢のソーローヤローを紹介しているように見えるのは表現力不足)ボランチコンビを揃えたマンUは当然強い。

セカンドボールをどちらかが拾い、カウンター攻撃をされても帰陣が早く、直ぐにマンUボールとなる。対戦相手のウエスト・ハムに残されたのは、可能性低めな前線への放り込み程度で、久々にオールド・トラッフォードに凱旋したハビエル・エルナンデス(さすがに老けたね)が画面に映ったのは僅か。そりゃあ大差付きますわ。

デカうま早選手はダブルボランチだけではない。今季エヴァートンから移籍してきたルカク(身長190cm)もデカうま早の一人で、久々にドログバクラスの無茶苦茶なFWを見た印象。格闘技出れそうなフィジカルに加えてスピードもある。あれでまだ24歳とは・・・!

Embed from Getty Images

マンUはデカうま早選手だけでなはない。中盤のムヒタリアンラッシュフォードに加え、トップ下に位置するマタのプレーがアクセントになっている。まだ初戦しか消化してないが、今シーズンは久々に優勝争いに絡んでくることだろう。というより優勝しそうな気配が漂う。

 

マンU強いね

今シーズンのマンUは強い。まぁ、デカうま早な選手揃えればそりゃあ強いわな。このラインナップにアトレティコのグリーズマンも入れようとしていたなんて贅沢な、、、今のメンツでも十分優勝できるわ!

ここ数シーズンマンチェスターといえばシティになりつつあるので、ここらでユナイテッドが逆襲するかどうかが楽しみ。なにより今シーズンのマンチェスター・ダービーは熱戦が予想され、可愛い子が参加予定の合コン前あるある「お前絶対抜かずに参加しろよ!!」に近い期待感を持っている。ダービーまでに両チーム共に上位にいれば盛り上がるだろうなぁ。

 

ストップ・ザ・マンU

しつこいが今シーズンのマンUは強い。ぶっちぎる可能性だってある。

ただし、個人的には大混戦を希望する。他国リーグは開幕前から優勝チームがほぼ決まっているが、プレミアは開幕前の予想があてにならないのが楽しみの一つ。一昨年のレスターのような奇跡もプレミアだからこそ起きた。今シーズンも面白いゲームは勿論、優勝争い、ドラマチックなラストに期待したい。

本当にしつこいが今シーズンのマンUは強い。とにかく強い。そのマンUに今シーズンからルーニーがいない。ルーニー本人も、自身が退団した初年度にマンUが優勝したら面白くないだろう。だからこそエヴァートン戦が今から楽しみ。ルーニーなら良くも悪くもやってくれる。植毛は微妙な結果に終わったけどきっとやってくれる。頑張れルーニー!


Wayne Rooney Best Fouls !!!

悪童自伝 物語は始まったばかり