フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

やぎろぐを運営している八木君が快適にキャンピングカー生活を送るためのハウツーを考えてみた

新卒フリーランス宣言後にキャンピングカーを手に入れ、現在家を持たない暮らしを送っている八木君が興味深い。

http://www.jimpei.net/entry/camper 

キャンピングカーで旅行する人はいても、生活の拠点にしている人は知らないので、ブログを通じて少しでも垣間見れたらなと思う。

そこで今回はキャンピングカー暮らしに関する私なりの知識やノウハウをまとめたので、少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

快適なキャンピングカー生活を送る

以下ポイントを絞って説明していきます。

サービスエリア

キャンピングカー生活を送る上で貴重な存在のサービスエリア。長旅の疲れを癒やす、飲食、 必要なものの買い出し。ここ数年でサービスエリアの質はぐっと上がり、今ではショッピングモール顔負けの場所もチラホラ増えてきてます。中には温泉がある施設もあるので、こうした場所をポイントにして動くのもあり。

find-travel.jp

旅行ではないのでコインシャワーでOKという場合はこちら。

検索結果 | サービスエリア検索 | ドラぷら
相場は10分200円。男性なら問題無いかと。

ちなみにドラぷらは、施設情報を調べる際に便利なので是非ともチェック。

www.driveplaza.com

サービスエリア・高速道路の注意点

気をつけてほしいのが車上荒し。最近は聞きませんが、稀にニュースで見るので気を付けてください。長時間休憩する際は暗くて落ち着くからとサービスエリアの端に停めるより、人通りの多い場所(フードコート近く)をおすすめします。

また、軽キャンパーは強風時に横揺れが凄いので、風が強い時は落ち着くまで待つか、超ノロノロ運転で高速道路を走るようにして事故に注意ください。

キャンピングカーショー

月イチペースで開催されるキャンピングカーショーへ足を運ぶと、思わぬ情報が手に入ることがザラにあります。

jrva-event.com

今後キャンピングカーをカスタマイズしていく際、もしくはバッテリー、ソーラーパネル、クーラーを搭載する際にネットだけの情報に頼らず、展示会にいるスタッフに聞くのが一番手っ取り早かったりします。中には「待ってました」とばかりに知識を話したがるマニアがいるので、質問する相手選びを間違えなければ良い勉強になります。

水のいらないシリーズの確保

サービスエリアにいる分には不要ですが、そうでない場合はシャンプー、歯磨きは水のいらないシリーズを持っていると便利。 

DHC水のいらない リフレッシュシャンプー

DHC水のいらない リフレッシュシャンプー

 
フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

 

特にこれから暑くなってくるので衛生面は気になるもの。最近ではサービスエリアでも販売しているようなので、見つけたら手に入れて損はないでしょう。

温度対策

暑くなったら北へ、寒くなったら南へ行くのであれば必須ではありませんが、それでもキャンピングカーにシェードの存在は不可欠。

www.aizu-rv.com

メーカーもサイズ指定すれば特注で作ってくれることもあるので、温度変化に悩んだ場合はシェードを。

クーラーの利用

シェードに関してはどちらかといえば冬の対策。問題は夏場の暑さですね。キャンピングカー暮らしをする上で一番ネックなのは夜の暑さ。大きなキャンピングカーを使っている人は専用のエアコンと特大バッテリーを積みますが、軽キャンでは特大バッテリー積むのは現実的ではありません。というより無理です。かといって、屋根にソーラーパネルを積んでも、エアコンを使えば温度設定によって2時間ほどしか使えない蓄電量しか貯まりません。(バッテリーによりますが)だからといって扇風機では余計暑苦しくて寝れない。。。

どうすべきか?

私ならまず、猛暑日に車中泊する際はRVパーク一に泊まります。

RVパーク認定施設一覧|くるま旅公式WEBサイト
2016年6月6日時点で全国に69箇。施設によるが、一泊1,000〜3,000円前後。

そして車中泊用のエアコンは買いません。理由として本体価格が高くて重く、デザイン柄場所を取るからです。おすすめはコロナの「どこでもクーラー」

これをAC電源(一般家庭同様)に繋ぎ快適な温度設定を車内に構築可能です。一泊の料金を安いと考えるか高いと考えるかは人によりますが、例えば漫画喫茶、ホテルに泊まったら金額は上がってしまうので、コスパはいいです。施設によっては温泉もあるので、悪い選択肢ではありません。

また、RVパークを利用している人達は、キャンピングカー生活マニアがいるので、ちょっとした雑談で貴重な情報を得ることもあります。というよりも、こうしたことがキャンピングカー生活の醍醐味ではないかと。

健康診断

これはお節介ですが、キャンピングカー生活を送る上で一番大事なのは健康体。まだ若いから大丈夫と油断せず、一年に一度は受けるようにしておきましょう。

健診実施機関等一覧 | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会

法人化

今後どうなっていくか分かりませんが、収益を出し続けて何か事業化する場合、考えるのが法人化。私の知り合いでもアパレルブランドを立ち上げて、普段は「デザインの参考に」という理由で一年の大半を旅している人がいます。ワガママにも見えますがそれで会社は回ってますし、法人化すると受けれるメリットも少なくないので、気の合った人と作ってみるのも大アリです。

まあ、まだまだ先の話だと思いますが。。

多拠点暮らし

海外のノマドワーカーは季節に応じて住む国さえ変える人もいます。日本ではあまり見かけないケースですが、今後こうした本格的なノマド(遊牧民)が日本でも増えることでしょう。

八木君はこの多拠点暮らしが出来やすい環境だと思うので、今後の情報発信も興味深く見守っていきたい。

常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」

常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」