読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

【バレンタイン】2月14日に良い思い出はありますか?バレンタインあるある

青春ノイローゼ-バカ 青春ノイローゼ アピュラ(著)

バレンタインに良い思い出ありますか?
僕は残念ながらないです。

学生時代は放課後の呼び出しはなかったし、社会人になってからは義理チョコのみ。 

でも、そんな非モテ男子は僕だけではない(と思いたい)。

ということで、来週に迫ったバレンタイン前に『バレンタイン』あるあるをまとめてみました。

「ワイやないかいw」と、あの日の自分を思い出してください。

 

 

バレンタインあるある

学生編

f:id:nukya-e:20170206175838p:plain

・「◯◯は誰にあげるの〜?」という女子の会話に、授業以上に集中力を発揮して聞いていた。

・「俺甘いのダメなんだわ笑」と、事前にバレンタイン興味ないです発言。

・無駄に髪を決めて登校するも誰にも気づかれずに一日を終える。

・朝、下駄箱にいつもより深く手を入れるも、、、チョコはない。

・朝、机の中やロッカーに個人宛のチョコがないか確認するも、、、チョコはない。

・体育の時間、ブルマーの中に隠れチョコがないか女子を凝視。

・給食の時間や昼休み、貰えるかな〜と周囲を見渡すも女子と目が合わず。

・掃除の時間、こっそりチョコを渡されるかなと近づくも女子が近寄ってこない。

・帰りの時間、「早く隠してね」というニュアンスで素早く渡してくるだろうと、バッグを大きく開いておくものの、貰えたのは前の席から届いた何かの案内のみ。

・下校時、もう一度下駄箱を除くもホコリとグラウンドの砂しか入ってない。

・最後のチャンスで駐輪場での滑り込みチョコを期待するも、誰も追ってこなかった2月14日。

・バレンタインにキャピキャピしてるのは大体ブス。可愛い同級生は年上の彼氏がいて、バレンタインというイベントそのものに冷めてる。

・クラスの女子がチョコを渡す際に告るという情報を入手し、実はその告白相手は彼女がいるという事実を教えてあげるべきか?このままスルーして撃沈していくのを楽しむか?の天使と悪魔が揺れ動いた結果悪魔が勝利し、同級生の涙を影でニヤニヤ見つめた2月の夕暮れ。

・放課後、チョコを大量に貰った同級生に「で、チョコ何個貰ったの?笑」とバカにされ、そいつのその後に不幸あれと星に願った。

・チョコを貰った奴が見せたドヤ顔のせいでゲスな性格になる。

・バレンタインを影で渡してイチャイチャしてるカップルを茶化すも心で涙。

・一生懸命手作りチョコを作って愛の告白を成功させた同級生が、僅か3日でやり捨てられたという事実に涙が止まらず(その落ち込んでる姿に『チョコレートはめ♪い♪じ♪』というメロディを被せると笑いが止まらず)。

・途中でチョコだかチ◯コだか分からなくなってる。

・母や近所のオバハンに貰ったチョコをその年貰ったチョコにカウント。

・最終的には自身のチョコバナナを抑え込む作業で一日が終わる(お世話になる作品は城麻美の《スリリング ラブ スキャンダルな夜をあなたと》)。

 

社会人編

f:id:nukya-e:20170206182309p:plain

・分かりやすく《義理チョコ》と書かれたチョコを貰い「義理だからね笑」と、無駄に警戒される。

・大人になるとチョコとかどうでもいいから2人の結論を急ぎたくなる。

・流行りのチョコとかどうでもいいので2人の結論を急ぎたい。

・チョコのラッピングとかどうでもいいからお前のラッピングを解かせてくれ。

・チ◯コのラッピングは超大事。

・意中でない人の大きなハートチョコに困惑。

・可愛い社員が彼氏に会うために定時上がりする。

・「バレンタインとかどうでもよくね!?」と開き直る奴に限ってその日はキャバなどで誤魔化す。

・バレンタインが土日だとホッとする。

・大人になるとバレンタインは学生のものと気付く。

・学生モノを見て誤魔化す。

・最終的には自身のチョコバナナを抑え込む作業で一日が終える(お世話になる作品は吉沢明歩の《ギリギリモザイク 6つのコスチュームでパコパコ!》)。

 

大人編

・取引先関連からの義理チョコに歓喜。

・バレンタインとかどうでもいいから美味しいチョコを食べたい。

・すっかり中身のない人間に堕ちたが、食べてるトッポは中までチョコたっぷり。

・義父モノばかり見て、もうあの頃には戻れないと涙ぐむ。

・「にゃんにゃんする」という言葉から随分離れたなと思いにふける。

 

まとめ

バレンタインに罪はない。

ありがとうチョコレート 業務用 500g

ありがとうチョコレート 業務用 500g