Forest Lover

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

【SIMカードはNanoSIMだけでOK】格安スマホを使う場合、SIMカードのサイズはNanoSIM一択!絶対にカッターなどで切らないように!【MVNO】

LINEまで参加し、激戦どころか比較も面倒な程に増えたMVNOの話。

格安スマホは安かろう悪かろう

私はスマホを持つのが遅く、約4年前に当時契約していたauで、iPhone5を持ったのが初めてです。その後毎月の料金高いなーと不満が溜まっていたところに現れたのが格安スマホでした。

既にiPhoneも2年ほど使って飽きていたのと、毎月の携帯代も抑えたい気持ちが重なり、思い切ってauからMNPで楽天モバイルへ変えることにしました。購入したのは当時楽天モバイルが激推しのZenfone5です。  

楽天モバイルに変えたことで、料金はau時代の8,000〜10,000円から2,300円前後まで下がり、毎月約6,000円、一年で約72,000円もの通信費を削減することができました。

 

楽天モバイルで始めた格安スマホは?

当然不満もありました。まず本体のZenfone5ですが、カメラが酷すぎて写真を撮る気も起こりません(最新機種はいいようですが)。

そして楽天モバイル。こちらは時間帯によって速度が遅い気がしてました。いや遅い。特に昼間。

こうして安かろう悪かろうで使い続けましたが、少しするとiPhone6sが登場というニュースを見て、即機種変を決意します。ちょうど初めて購入したiPhoneを手放して半年。恋しくなっていたころですね。

 

iPhone到着

iPhone6s Plusが家に到着してZenfoneからsimカードを取り出し、iPhoneに入れ替えようとしたら…カードのサイズが違うことに気付きました。

こういう時に調査不足で順調に進まないのが我が人生。何度目の失敗でしょう。

f:id:nukya-e:20160920143743j:plain

ただ、諦めてはいけません。解決策を考えればいいのです。

 

SIMカードをカットする決断

選択肢は2つ。

(1)楽天モバイルへ連絡し、MicroSIMのカードをiPhoneに合うNanoSIMに変更してもらう。
(2)MicroSIMのカードをiPhoneに合うNanoSIMに切る。

(1)にするのが確実で安全ですが、こちらは新たなカードが届くまでの期間、一時的に電話が使えなくなるので却下。ということで、一か八かでSIMカッターで切る(2)を選択。

ちなみにカットに対する恐怖心は、この記事で勇気付けられて挑戦を決意してます。

mama-hack.com

SIMカット失敗…

f:id:nukya-e:20160920144156j:plain

こんな感じで中央残しで周りを切ってしまうカッターです。テスト用の付属で入っていたプラスチックも無事に切れ、直ぐに本番へ。

パッチン・・・!

ボッロボロ。。。ボロッボロ。。。
あーあ、、滅茶苦茶カードの周りにバリが出てしまいました…

f:id:nukya-e:20160920144606j:plain当時かなり動揺していたので、バリが酷いSIMカードの写真はありません(汗)

慌ててカッターに付属されてるヤスリでサイドをゴリゴリ削ります。何度やっても入らず、気づいた頃にはsimカードの両面をベタベタ触ってました。もうヤケクソです。そして削りまくって何とかサイズを合わせて押し込みます。

すると。。。docomoのマークが画面上に出てくれました!iPhoneの画面が「こんにちは」と挨拶してきたので、嬉しさのあまり「クンニチハ!」と返しました!

iPhoneに挨拶したのはあの時が最初で最後です。

代償は大きく

カードは無事にハマりました。しかし、無理やり詰め込んだ代償が時間の経過と共に出てきます。

電話
LINE通話などのアプリを使った通話は問題ありませんが、通常の電話で「あれ?声聞こえないよ?」電話口の向こうから言われ続ける有り様。初めは現在地の電波が悪いのかな?と思ってましたが、そうではありません。

ネット
一度地下などの電波が入らない場所へ行き、再度電波を拾う場所に戻っても〈圏外〉表示のまま。結局毎回再起動する羽目になってます。

電話とネットの不具合はZenfone時代には出てなかったので、考えられるのはカードを無理やり詰め込んだこと、そもそも正しく切れてない?どっちにしても失敗してしまったようです。

楽天モバイルに問い合わせたところ『カード変更しますか?』と提案されました。まあ、そうなりますよね。しかし、新たなSIMカードが到着するまで電話が2、3日使えないのは避けたいところ。ならば、自宅で開通できる他の会社に乗り換えるのみです。

 

乗り換えるべき会社

都合よく楽天モバイルを契約した頃に比べ、他社も随分と頑張ってくれてます。選択肢が多い中で楽天モバイルに拘る必要はありません。新しい会社に移る際に重大なチェックポイントはたった1つ。それは、自宅で変更手続き出来る会社!

料金プランはどこも似たり寄ったりなので、自宅での即日開通をマストにしました。つまり、届くまでは現状のまま楽天モバイルを使い、届いたら新会社のSIMで始めるという目論見。使えない期間を極僅かにすることができます。

色々なSIMや格安スマホの記事を見ましたが、細かく書かれていたのがこちら。

androidlover.net

凄い情報量です。(比較記事を書こうと思いましたが、この記事を見て諦めました。)

このサイトで、楽天モバイルの評判がそこまで良くないことにも気付きました。料金に関しては各社とも大きな違いはなく、現状支払ってる料金同等で使えそうです。

最近発表されたLINEモバイルも気になりますが、現在使っている楽天モバイル同様に自宅での開通不可なので今回は選考外。残すはスピード。それも上記ブログにて細かく書かれていたので、色々と見た結果、mineoかNifMoあたりがいいのかな?と。

 

情報はこまめにチェック

スピードは時期によって変わるようですし、実際に「結果と違うじゃねーか!」と愚痴ってくる人もいるようので、100%自身に当てはまるかは分かりません。ただ、キャリアに縛られていた頃に比べて「こっちダメだから、あの会社使ってみようかな」と行動に移しやすいのもMVNOのメリットなので、まずはmineoに変えてみようと思ってます。

デメリットは契約後1年以内のMNP転出してしまうと、事務契約手数料で11,500円かかってしまうことぐらい。あとは現在CMをバンバンやってるので、利用者が増えて遅くなる可能性が残ることですが、一年スパンで変えてもいいかなと考えてるので、とりあえずmineoで様子見してみます。

月額756円(税込)からの格安スマホmineo

 

まとめ 

格安スマホは料金を安くできて本当にオススメです。

しかし、諸々条件を確認してから変えましょう。あとで色々面倒なので笑。 

SIMカードですが、選ぶ際はNano SIM一択が安全でしょう。例えば現在使ってるスマホのsimがNanoで、新しく使うスマホがMicro SIM(Nanoより大きい)場合、変換アダプターという商品があります。

これなら切るのではなく足すことになるので、カードが傷つきません。カードの傷は少しずつ出てくるので、絶対にカッターなどで切らないようにしましょう。