フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

【例のセーター・例のタートルネックなど】世の中にある「例の○○」をまとめてみた

2017年3月10日更新

f:id:nukya-e:20160418173039j:plainf:id:nukya-e:20160418164020j:plain

 

日本には直接的な表現をさけることを美徳とする文化があります。トイレに行くことを「お花を摘みに」と言ったり、贈り物をする時に「つまらないものですが」と少しだけ内容をぼかす。お互いの共通認識になっているものに至っては、「アレ」「いつもの」「例の」などという『ぼかし』言葉がよく使われています。

 

ネットの世界にもさまざまな共通認識があり、その中でも特に良く聞くのが、

 

『例の○○』

 

という言葉。僕の好きな言葉。この知ってる人同士の共通認識でなりたっている、「名前を直接言うのは野暮」的なそんな『例の○○』という言葉にはどんなものがあるのかを、元ネタを含めランキングではないがまとめてみた。

 

 

 

■【例のプール】

f:id:nukya-e:20160418091702j:plain

 

まずは 『例の○○』の代表格といえばこれ、『例のプール』です。

 

男性ならば一度は見たことがあるであろうAVによく出てくる有名なプール。最近では有名すぎてここで撮影している作品は女優よりもプールに目がいくほどで、必ず同じ店しか使わないルーティーン合コンのような新しさに欠ける撮影スペースとなってます。

 

 

ちなみに、AV女優さんだけではなく、人気ドラマ「相棒」でも使われていたし、ドラマ「世にも奇妙な物語」で石原さとみさんも撮影でこの『例のプール』に来ています。

 f:id:nukya-e:20160418091041j:plain

 

いつもAVに出ている場所に「AV」「セクシー」が付かない女優さんが写っていると、なんだかそれだけで不思議な興奮がありますよね笑。石原さとみというチョイスもなんだか良い。

 

それにグラビアアイドルは結構ここを使っているみたいですね。

 

 

ちなみに、芸能人との関わり合いでいうと、この『例のプール』石坂浩二の元自宅らしいですね。自分の元自宅がガンガンAVに出てるってどんな気分なんだろうか。おそらく物凄いへこむか、ギンギンに興奮するかの二択でしょうね。 

 

書籍『例のプール』

さらにこの『例のプール』は有名すぎて書籍になっている。内容はamazonから引用。 

男なら誰でも知っている!?日本で最も有名な、あの「例のプール」を徹底的に大解剖!!例のプールで撮影を行った女優やソフトメーカーのインタビューを掲載!登場したさまざまなジャンルの作品を網羅!例のプールにまつわるウワサ話も検証!この一冊で、例のプールのすべてがわかる!?

すごい。ちょっと読みたい。エロだけではなく、真面目なスタジオとしての側面が混在しているカオスっぷりがきっと楽しいのでしょう。

 

例のプールからの脱出

さらに、脱出ゲームの舞台になっていたりする。場所が有名になると脱出ゲームになったりするんですね笑。

 

例のプールからの脱出 -謎解き脱出ゲーム-|脱出ゲーム|アプリ紹介|iPhoroid|iPhone&Androidゲームアプリの攻略サイト

  

あと、マインクラフトで作ってる人もいますね。マイクラで作っているのに凄いクオリティ。 

 

 

 

実際の場所

実際、この『例のプール』は貸しスタジオのようですね。 

pstudio 136 No.136 Hanazono Room 

間取りを見ると結構ゴージャスだ。住所は新宿区新宿にあるそうで、レンタル料金はプール込みで3時間使っても15万円いかないそうです。20人くらいで思い切って借りてみようかな。何か楽しめる方法とかあるかな。 

buzz-plus.com

 

 

■【例のセーター】

続いてはこちら。男の夢。男の魂の渇望。それらが全て凝縮されてピュッと形になっている洋服がコチラ。『例のセーター』です。(ちなみに「童貞を殺すセーター」という物騒な別名も存在しております。)

f:id:nukya-e:20170310164142j:plain

 

ハラショーーー!!

 

背中はパックリやし、おしりがハンナリしてはりますなぁ・・・と、思わず京都弁が出てしまうくらい素晴らし過ぎますよね。

 

当然、芸能人の方々もこの女神のはごろもと呼べるセーターを着ていらっしゃるようですね!

 

 

来いよ!オラ来いよ!!

 

と、何故か渡部篤郎のテンションで立ち向かいたくなる画像ですよね。これが例のセーター!!ちなみにこれは天木じゅんさん。

 

一生応援してます。

頑張ってくださいね!

 

ちなみに、ウチのブログのケツ守り神的存在である倉持由香さんも着ていらっしゃいます。ケツだけじゃねーぞって感じが頼もしいですよね。

 

ヒヤッホーーイ!マッドマックス!!

 

素晴らしいセーターですね。セーターの『暖かい』というセーターの最大のアイデンティティを捨てているところに、サムライの心意気を感じますよね。機能美なんかクソくらえ!!といったロックな印象も受けますが、「いや、これは、逆に機能美なのかもしれないぞ?」と頭を悩ませてくれる素敵なセーター。 

 

 

■【例のタートルネック】

f:id:nukya-e:20160418154823j:plain 

続いて、男の憧れである『例のタートルネック』。タートルネックなのに胸元がガバッと開いた優美なデザインが話題になりましたね。ある種、女性の武器を効率的に生かした最終形態ともいえる。初めて見た時の衝撃たるや、言葉に言い尽くせないものがある。実際に色々な方がツイッターで発信しております。

  

twitterでは

少し検索すると二次元、三次元合わせてすごい量の参考資料が出てくる。  

 

うむ、この洋服のデザイナーに何かしらの褒美を与えたい。

 

twitter.com

 本当に素晴らしい。素晴らしすぎて涙が止まらない。グッドデザイン賞の審査委員会は何をしているんだ!

 

タートルネック以外も

すべてタートルネック押しというわけではなく、胸元のデザインを生かして様々な服にも応用が効きそうですね。 

 一応、セーターも売っているし、ワンピースバージョンも通販で売っているそうです。こういったデザインは 日本の新しい美しい文化として定着してもらいたいものだ。

 

 

 

 

■【例の肉】

続いてはこちら『例の肉』。百聞は一見にしかずと言いますか、『例の肉』は見ていただくのが一番なのでコチラ。

f:id:nukya-e:20160419171848j:plain

別名『マンガ肉』『マンモス肉』『ギャートルズ肉』と呼ばれる肉ですね。その名の通り「はじめ人間ギャートルズ」に出てくる肉で子供のころに見た人は誰もが食べたいと思った肉だ。

 

実際に存在するのか?

当時、どうしても食べたいと思った人たちが、その情熱を失わずに大人になると実際に作っちゃうんですよね笑。

f:id:nukya-e:20160418161000j:plain

普通にメッチャおいしそう。というか、クオリティ高すぎる笑。

 

あとは東ハトさんがマンモスの肉のお菓子を出していたり、

f:id:nukya-e:20160419172423j:plain

 

実際に作ってレシピを公開している方もいます。

 

f:id:nukya-e:20160418161417j:plain

 

cookpad.com

 

 

映画『マンガ肉と僕』

調べていて知ったのだが、『例の肉』ではなくマンガ肉という呼び名で『マンガ肉と僕』という映画もあるんですね。情報が遅い自分を恥じるが一応、知らない方のために情報だけ。

4月の京都。気が弱く引っ込み思案の青年ワタベは、活気に溢れる大学になじめず、孤独な日々を送っていた。一方、同大学の熊堀サトミは、その太ったみすぼらしい容姿から、周囲の学生に嘲笑されていた。そんなサトミを差別することなく接してくれる唯一の存在がワタベだった。その優しさにつけ込んだサトミは、彼の自宅に転がり込み、寄生し、やがてワタベを奴隷のように支配しようとする。そんななか、ワタベはバイト先で知り合った菜子に惹かれていく。また、ふとしたきっかけからサトミの過去の断片を知ることになる。

 引用:第27回東京国際映画祭HP

映画『マンガ肉と僕 Kyoto Elegy』公式サイト

 マンガ肉は男女の関係性の象徴の比喩として出てくるようなのですが・・・。僕は観てないので何ともいえません。 

 

■【例の椅子】

f:id:nukya-e:20160418174608j:plain

これはわりと時事的な『例の椅子』

 

IKEAのポエングという椅子ですが、デザインも美しく頑丈な商品なのだが、ヒルナンデスでオードリーがこの椅子をぶっ壊して話題になりましたね笑。

www.youtube.com

何度見ても笑える。水卜ちゃんのフォローも秀逸でしたね。

 

実際に壊れやすいのか?

この事件でIKEAの椅子に興味を持っている方々が大勢いらっしゃいます。あれ?意外と宣伝効果が高かったりしたのかな?それならば決してマイナスではないですね。あと、実際にこの椅子の耐久性はどうなのか、使っている方もいらっしゃいます。

hoshinohoshinokko.hatenablog.com

 

僕はオードリー好きのヘビーな『リトルトゥース (オードリーANNのラジオのリスナーの事)』なので、若林さん、春日さんが話しているのを聞きましたが、これで彼らがガチで怒られたらかわいそうに思ってしまう。しくじりは誰にでもありますからね笑。

 

 

■【例のねずみ】

ある意味でのディスりを込めたネット上のスラング?夢と冒険が怖いので、ここはスルーでいきしょう。


 

■【例の紐】

f:id:nukya-e:20160418181928j:plain

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」通称「ダンまち」に出てくる女神ヘスティアの腕と下乳をグルリと結んでいる青色の紐で通称『例の紐』

 

 

何のために付いているかは不明だが存在感は抜群。おそらくファンタジーの世界で巨乳を支えるブラジャーの役割をしているのかもしれないが、目的はともかく下乳がすくいあがっていくことが大切

f:id:nukya-e:20160421140017j:plain

f:id:nukya-e:20160421140044j:plain

なんだよこれ。最高じゃないか。まさに女神の中の女神じゃないか!! 

 

コスプレイヤーを生む

 

実はこの『例の紐』に関しては調べるまでしっかりと知らなかった。こんなに素晴らしいものがあることを知らなかったとは悔やまれる。重要なのはかわいいキャラを見て、コスプレする人たちが増えることですね。

 

 

つまり、『エロいアニメのキャラクター』が生み出されれば、自動的に『エロい恰好をしたコスプレイヤー』が時間差で生まれてくるという素晴らしいエロ画像生成システムが生まれているんですよね。ものづくり大国である日本が誇るべきシステムです。

 

わーい。素敵だー最高だー

 

 

ワーイ。乳だ乳だ。もっとおくれ。もっとおくれよー 

 

 

おっふ。神はもういない・・・ 

 

 

 

■【例のリボン】

f:id:nukya-e:20160418164020j:plain

出典:BUYMA.com

人類の文明は一つの終着点を迎えたのではないかと思える素晴らしいリボン。それがこの『例のリボン』。これこそが「おもてなし」の心なのかもしれないとある意味反省してしまうほどのリボン。いい意味でタメ息しか出ない。

  

f:id:nukya-e:20160421140839j:plain

 

「今日のプレゼントはア・タ・シ」

「リボンをほどいて食べてね」

「誰にでもこんなことする女だと思わないでね」

という3つの言葉を添えて使いたいところ。男性で人生をかけてこのリボンを解くことを目標にしている人物もいるとかいないとか。

 

Twitterでは

良くぞ着てくれました。

 

ありがたいのぅ。ありがたいのぅ。

 

 

こりゃあ身体にいいわい。

 

 

暖かくなってきたから、彼氏の誕生日が近いオナゴは絶対に買った方がいい。ついでにTwitterにあげた方がいい。

あげるべきだ。

あげろ!

 

 

■【例の下着】

f:id:nukya-e:20160418175846j:plain

最後は『例の下着』だ。例の下着とも言われるが、正式にはヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで販売しているNONOROねこランジェリーという名前だ。

kai-you.net

 

f:id:nukya-e:20160421142125j:plain

パックリ割れた胸元の穴が猫の顔の形になっていて、それがとにかく可愛らしいんですね。イヤらしいデザインなので男性からも人気があり、可愛らしいデザインなので女性からも人気がある。・・・本当に人気あるのか?

あればいいな!

あってほしい!!

 

細部にもこだわり 

f:id:nukya-e:20160421142229j:plain

上下にレース部分を配置することで胸の大小に関係なく着られるようなデザインで、パンツ部分にも猫の耳がヒョコッと出ていて可愛らしい。個人的には白い方がトータル的に可愛らしく見え、黒い方は胸の猫が強調されているように見える。ゆえに、巨乳の乙女は黒を、シンデレラバスト()の乙女は白を選ぶべきだと考察する。

 

ちなみにお尻も猫の肉球マークがあって可愛い

f:id:nukya-e:20160421143255j:plain

 

・・・ってか可愛いから何でもいいや。

 

 

最後に

ということで『例の○○』と呼ばれるものをまとめてみたが、セクシー画像が比較的多かった気がする。つまり、性的な直接表現を避けるからこそ『例の○○』という言葉が生まれているというわけだ。やはりエロスに関しては直接的に表現しないというのが奥ゆかしく美しい日本の文化と呼べるのかもしれない。

 

これからも素敵な『例の○○』が増えていく国であってほしいものだ。