フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

鉛筆画で描かれた大島優子・橋本環奈・広瀬すず・石原さとみ達がとにかく凄い【古谷振一】作品まとめ

 

まずはこれを見てほしい。

 

f:id:nukya-e:20160530113006j:plain

そう。

前しか向いてない我らがアイドル大島優子だ。

 

芯の強い瞳。守ってあげたくなる涙袋。ポジティブな微笑み。下品な口元。

 

そんな素敵な要素だけで構築されている大島優子の画像だが、実はこの写真に見える画像は『鉛筆画』で描かれたものだ。 

 

www.youtube.com

 

初めてこの絵と動画を見た時は衝撃を受けた。世の中にはこんなにすごいスキルを持った人間がいるのか、と心から感動した事を覚えている。

 

驚かされるのは、目、鼻、口、顔のバランスが写真のように正確で狂いがないこと。

そして光の当たり具合の濃淡の精度が異常なほど高いこと。特に光の当たり具合はコンピューターの領域で美しいと感じている。

 

この作品を描いているのは古谷振一さんという方で、なんとプロの画家ではないという。そこも驚かされる。

描かれた作品は主にTwitterでUPされているようだが、UPされているのは芸能人の方々が多い。人物画だけではなく風景画なども描かれるのだろうか。興味は尽きない。

 

ということで、今日はそんな素晴らしい古谷振一さんの鉛筆画の世界』をまとめてみたので、一緒に感動してもらえたらと思う。

 

 

 

 橋本環奈

 

初めは奇跡の一枚で有名、千年に一人の逸材、それなのに声がガラガラという変なバランスのスーパーアイドル橋本環奈

どの作品に関しても目から書き始めていくのだが、黒一色で描いているとは思えないほど、瞳の輝きが美しい。

そして画面の左側から当たっている光が顔を照らしているのだが、その光の描写が鳥肌が立つほどリアル。そして何よりも可愛い。メッチャ可愛い。ロリコン可愛い。 千年アイドル可愛い。

 

www.youtube.com

 

 

 

 広瀬すず

 

続いて、一平ちゃん夜店の焼そばのCMで「全部でたと?」と言っていたのに下ネタに聞こえるとクレームが来たのか、いつのまにかCMが差し替えられていた広瀬すず。 

瞳の奥行感がある広瀬すずの表情がそのまま表現されている。かわいい前髪のパッツン具合と合わせて良く似合う。

また、まぶしい笑顔を見せる口角の上がり具合、笑顔の唇などから想像される本人の感情すら一枚の紙に書きつけているような作品。惚れ惚れしてしまう。 

 

www.youtube.com

 

 

ちなみに、広瀬すずが全部出たのかを聞いてくれるCMはこちら

www.youtube.com

 

 

 

 

 石原さとみ

 

続いて、昔は眉毛も太くて野暮ったかったのに、今ではCMを見る度に見惚れてしまう悪魔の唇、可愛すぎる石原さとみ

ドラマやCMで可愛らしい役をすることが多いので、女性からあざとさをやたら指摘されるが、進撃の巨人でハンジ役を頑張っていたので好印象だ。

絵で特質すべきはやはり、ふっくらとしてポテッとした唇の表現ではないだろうか?厚みのある下唇のしっとりとした柔らかさの表現が凄まじい。顔面だけ描かれている1:30~からは美人過ぎて引く。

 

www.youtube.com

 

 

 

ちなみに、石原さとみが一番かわいいのは花王のフレアフレグランスのCMだ。異論は認めない

www.youtube.com

 

 

 

綾瀬はるか

 

次は、好感度の塊、巨乳で肌が綺麗で性格もよさそうで演技も悪くない素晴らしい綾瀬はるか

30秒も見ていると目の周りが書き終わっているので本人だとわかる。リアルすぎて書いている途中は生首にも見えるのでちょっと怖い(笑)が、髪が描かれてくるとより一層本人らしさが出てくるので見とれてしまう。

めっちゃ肌が綺麗らしいが、そのキメの細かさまでは流石に表現するのは難しいだろう。それでも顔の一部が手で隠れている変則的な構図でもこのクオリティー。

 

www.youtube.com

 

 

 

 YUI

 

デビュー当時は可愛らしく透明感バリバリだったのに、いつのまにか良くわからないハッチャケキャラになっているYUI。

首の角度が付いていて、ギターを抱え、背景も複雑なのにこれほど美しく描けるとは驚く。表情がとても特徴的で意思すら感じられる。また、人物だけではなくギターの表現もリアルで写真にしか見えない。

 

www.youtube.com

 

 

 ここから先は、作品だけ見ていこう。

 

波留

最近ドラマめっちゃ出てるよね。 

 

 

 

 柴田理恵 

個人的にはこの作品が芸術的に似ている。

 

 

 

なぎら健壱

髭の描写とか気が遠くなりそう、笑。 

 

 

 

古谷振一さんのまとめ

本当に素晴らしい作品ばかりで驚いてしまうが、作者である古谷さんツイッターでフォロアーからのアンケートなどで書く絵を決められたりしているようなので、コミュニケーションもとれるのではないだろうか?

 

twitter.com

 

 

また、作品の制作動画もyoutubeでまとめられている。

www.youtube.com

 

 

以前行われた個展をコチラ。

場所:Uptown Koenji Gallery(東京都杉並区高円寺)
期間:2016年7月1日(金)~7月10日(日)、11:00~19:00
入場料:無料

 

f:id:nukya-e:20160530190006j:plain

 

ポイントは、

『鉛筆画教室』

なるものを開催してくださるようで、この技術の一部を身につけることが出来るのでしょうかね♪

初心者へもわかりやすく描き方のコツを教えてくださったりするのだろうか?

参加すれば一歩でも近づけるだろうか?

 

 

 

最後に 

こんなに絵がうまかったらどんな気分なんだろう?

正直、興味がある風景を描いたり、美しい人を描いたり、好きな女の裸を描いたり、多くの芸術作品を残せるに違いない。羨ましい限りだ。