読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

【ネイマール無双】バルセロナが見せた奇跡の逆転突破は間違いなくチャンピオンズリーグの歴史に残る!

サッカー-海外 サッカー アピュラ(著)

こんな奇跡を起こせるのはバルセロナしかいないー

欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、バルセロナ対パリ・サンジェルマン。第1戦を0-4で大敗し、崖っぷちに立たされていたバルセロナが奇跡の逆転突破を果たした。

試合動画(消える可能性あるので複数)

 

 

本当に凄い試合を見た。CLで数々の名勝負、奇跡の逆転試合を見てきたが、4点差は史上初。

リーグ戦直近2試合を6-1、5-0で制していて攻撃が上向きだったのは確かだが、今回の相手は強豪パリ・サンジェルマン。そんな相手に5点差以上の勝利をやってのけるとは。。。

バルセロナにとってラッキーな面もあった。
・初戦で2ゴールの活躍を見せたディ・マリアが怪我の影響でベンチスタート。
・司令塔のマルコ・ヴェラッティが緊張のためかボールロストを繰り返す。
・1ゴールを奪ったカバーニが他の決定機を決めてれば。
・PK2つゲット。

しかし、これもタラレバ。バルセロナが逆境を跳ね返したという事実に変わりはない。

 

MVPは文句なくネイマール

MVPは文句なくネイマール。後半は無双で、10分にPK奪取(メッシがゴール)、43分に直接FKを叩き込み、46分にはPKを落ち着いて決め、ラスト50分にセルジ・ロベルトのゴールをアシストと圧巻の活躍。

ダイブ癖は相変わらずだが、それを差し引いても文句なしの活躍を見せた。

気になったのが後半46分のPK。
ピッチにはスアレスとメッシもいたが、ネイマールが蹴った。

これが何を意味するか?
少し大袈裟だが、王様交代の転機と感じた。

PKはメッシが蹴ることが多く、この試合でも後半10分に得たPKをメッシが決めている。どういう経緯でネイマールが蹴ることになったかは不明だが、単なる気まぐれとも思えない。

また、あの緊張するシーンでキーパーの逆を突いた位置に決めるのは決して簡単ではない。直前に決めたゴラッソなフリーキック弾含め、改めて凄い選手であることを世界中に見せつけた。

 

ネイマールの時代は直ぐそこまで

ネイマールは今シーズンMSN(メッシ、スアレス、ネイマール)の中で一番ゴールが少ない。また、過去在籍していたロナウジーニョに比べると、どうも地味に感じていた。遠慮がちというか。どことなく物足りなさがあったのも事実。

しかし、たった1試合、たった1ゴールでサッカー選手は大きく変わる。
パリ・サンジェルマン戦で見せたパフォーマンスは、そのキッカケになるには十分な結果だ。

世界一のサッカー選手は、メッシかクリスティアーノ・ロナウドの二択が10年近く続いているが、間もなくその座はネイマールになる。

TOYS ROCKA!(トイズロッカ!) FCバルセロナ ネイマール 塗装済み可動フィギュア