読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

レスター・シティ初優勝までのカウントダウン!岡崎慎司は英雄になれるか!?追記:優勝決定!

サッカー サッカー-海外 アピュラ(著)

プレミアリーグの優勝争いに関することを書いてから約1ヶ月が経過。 

www.forest-lover.com

優勝争いは完全にレスター・シティ(以下レスター)とトットナム・ホットスパー(以下トットナム)に絞られ、否が応でも注目せざるを得ない。果たして栄光を掴むのはどちらのチームか?残りの試合から色々考えてみた。

現在の順位は?

f:id:nukya-e:20160419142220j:plain
引用:海外サッカー - プレミアリーグ順位表 - スポーツナビ

残り4試合でレスターとトットナムの勝ち点は5差。

精神的に有利なのは間違いなくトットナム。直近2試合をマンチェスター・ユナイテッドに3-0、ストーク・シティに4-0とチーム状況はすこぶる良い。しかも、リーグ最多得点&最少失点というおまけ付き。

一方のレスターは得意の堅守速攻で連勝街道を走っていたが、週末のウエストハム・ユナイテッド戦では厳しい判定に泣かされ、連勝はストップ(辛うじてドロー)。その試合でエースのバーディーが退場して次の試合は出場停止という不安材料がある。

残り4試合の対戦相手

レスター
第35節 4/24(日)24:15 スウォンジー・シティ(HOME)
第36節 5/  1(日)22:05 マンチェスター・ユナイテッド(AWAY) 
第37節 5/  7(土)25:30 エヴァートン(HOME)
第38節 5/15(日)23:00 チェルシー (AWAY) 

トットナム
第35節 4/25(月)28:00 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(HOME)
第36節 5/  2(月)28:00 チェルシー(AWAY)
第37節 5  /8(日)21:30 サウザンプトン(HOME)
第38節 5/15(日)23:00ニューカッスル・ユナイテッド(AWAY)

注目は最終節以外、全てレスターの試合翌日にトットナムが試合を行うというスケジュール。また、共にAWAYのチェルシー戦を残しているのも気になる。今シーズンのチェルシーは酷い成績で現在も連敗中だが、優勝争いのサポートはしたくないだろう。

思い返すのは2013-2014シーズンに首位を走っていたリバプール。


Liverpool vs Chelsea 0-2 All Goals Highlights 27/4/2014

優勝争いのプレッシャーに負けたリバプールは、翌週のクリスタル・パレス戦も0-3から追いつかれて自滅し、そのまま優勝を逃した。

シーズン終盤にチェルシーのような強豪とはやり辛いに違いないし、順位の低さ(現在10位)が怖さを増加させる。先に戦うのはトットナムだが果たして?

レスターの正念場はマンチェスター・ユナイテッド戦

より厳しいのはレスター。次戦のスウォンジー・シティ戦はバーディーを出場停止で欠き、その翌週にはAWAYのマンチェスター・ユナイテッド戦が控えている。

マンチェスター・ユナイテッドは2週間前にトットナムに0-3とボロ負けしているが、決して簡単な相手ではない。現在4位のアーセナルとは勝ち点4差で5位という順位なので、来シーズンのCL出場権獲得に向けて残り試合は死に物狂いでくる。今シーズンも酷い成績だったが、ここにきてルーニーも復帰してチームは少しずつ上向き。

そしてルーニーより怖いのが18歳の新鋭マーカス・ラッシュフォード。プレミアリーグのデビュー戦(対戦相手はアーセナル)で2G1Aの活躍、マンチェスター・シティとのダービー戦では決勝ゴール。久々に現れた持ってる選手。

レスターディフェンス陣はラッシュフォードを止められるかどうか?レスターにとっては簡単ではない試練となる。

にしても、トットナムのハリー・ケインといい、イングランドはどんどんいい選手が出てきて羨ましい。

トットナムの可能性はあるか?

トットナムが優勝する可能性は低くないと見てる。エースのケインはコンスタントに決めてるし、デル・アリ、エリク・ラメラとタレント豊富な二列目は他のビッグクラブに所属する選手に引けをとらない実力者。失点も少ないので優勝争いは当然で、残り試合の全勝も十分あり得る。というより恐らく全勝する。レスター次第ではあるが、何が起こるか分からないのがサッカー。どうなることやら。。

レスター・シティの歴史に名を

正直なところ、チームとしての魅力はトットナムが若干上回る。サッカーの質が高いので、主力選手が抜けなければ来シーズンのチャンピオンズリーグは楽しみ。それでもレスターに優勝して欲しいのは岡崎慎司が在籍しているから。

約15年前、ASローマに所属していた中田英寿はシーズンの大半をピッチ外で過ごすも、腐らずに我慢して天王山のユベントス戦で1G1Aの活躍を見せた。


中田英寿 伝説の試合

シーズン通しての貢献度は、キャプテンのフランチェスコ・トッティ、ガブリエル・バティストゥータ、ビンチェンツォ・モンテッラには敵わないが、ローマファンの間では中田英寿も立派な英雄の1人になっている。

今、岡崎にも英雄になるチャンスが十分手の届く位置にある。現時点でも地元サポーターの評判は高いようだが、願わくば残り試合で重要なゴールを決め、チームを悲願の初優勝へ導いてもらいたい。岡崎ならきっとやってくれる。


岡崎慎司 スーパーゴール!オーバーヘッドで今季5得点目 【レスターVSニューカッスル】

 

2016/05/02:追記

優勝決まりました!!


Leicester City Players Premier League Title Celebration At Jamie Vardy's House Party 2016

日本代表のチームメートも祝福しております。

各界からも祝福の数々

素晴らしすぎる。今はこの余韻を楽しみたい。