フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

SNOW好きの承認欲求貴婦人 VS 下手な修正屋

週に数回伺ってる得意先から『自社HPにスタッフを載せたい』という依頼があった。

写真はプロのカメラマンを呼んで撮影し、その画像をHPに当て込んで簡単なプロフィールなどを追加して終わり。というなんでもない案件だ。が、予想以上に難航している。理由は分かっていて、一部女性スタッフからの『え?ちょっとこの画像ないんですけどぉ〜』というクレームの嵐が原因だ。

ちなみに女性スタッフは20代が8名、30代が5名、40代が3名の合計16名。
気付いてくれただろうが、20代からはクレームはない。

問題は30代以上の貴婦人たちからの要求である。

・ほうれい線を消してくれ
・やり過ぎて人形みたいなのはNG
・◯◯ちゃん(20代スタッフ)ぐらい白くして欲しい
・エラを削れ
・鼻筋綺麗に
・髪色がプリンなので綺麗に

そもそも貴婦人たちは【綺麗】の部類に入る。20代の頃は相当男に言い寄られただろう顔面偏差値の持ち主ばかりだ。その為か、小学生や中学生のお子さんがいるにも関わらずスリムな人、強気にミニスカートを履く人、趣味が脱毛やヨガの人、パソコン横には加湿器を置いてる人など、美意識が引くほど高い。

f:id:nukya-e:20180308184051j:plain

当然全員が自身のInstagramアカウントを所有しており、SNOWで加工しまくった画像をアップし、心無い[いいね]を肥やしに生きている。

サイト修正→貴婦人修正

会社からの依頼は直ぐに完了したが、貴婦人たちからの要望に終わりはない。SNOWが好きそうなので「じゃあ、SNOWで加工した画像くださいよ。それアップしますから」と伝えると「SNOWでやったって思われたくない」という答えが返ってきた。

修正はしろ。やりすぎは厳禁。
このバランスがとてつもなく難しい。

幾つか用意すると「AとBの間ぐらいで」→AとBの間(かどうか分からんが)を用意すると「もう少しA寄りに」「やっぱりBに近いほうが」というリクエストが届く。といった具合の地獄ループに終わりがない。

若かりし頃に栄光にしがみつく執念

高収入の旦那がいて、可愛い子供いる。
住む場所は青山や白金で休日は自分磨きし放題。
そして本人は綺麗。

もうこれでいいじゃないかと思う。
サイトに載るご尊顔がどんなだろうが、十分充実しているではないか。

そんな思いで貴婦人たちのInstagramをチェックしていたら「20代の頃の写真が見つかったのでアップw 顔がヤバいwwwww」という投稿を発見。

コメントを見るとバカ男が

「今も昔も綺麗じゃん!」
「可愛いままで笑えるwww」
「ちょっ、どこのアイドルですか?」
と絶賛の嵐。

それに対して
「◯◯くんのお世辞は昔から上手いなぁ」
「笑えるっておいw(ありがとう!)」
というクソみたいな返答をしているではないか。

そう。
貴婦人たちは歳を重ねた今も[いいね]が欲しいのだ。
例えそれが心無い[いいね]でも欲しくて欲しくてたまらないのだろう。
いつまでたってもチヤホヤされたいのだ。

ここでハッと気付いた。
小生は流れ作業のように仕事をしていたなと。

「こんなんでどうですか?」
「前回よりは自然な明るさですよ(真顔)」

なんて愛のないやり取りをしてしまっていたのだろうか…。

他にも仕事あるから
HPに載る小さな画像
金にならない時間

違う。
だからこそ…

最大限の褒めを

Instagramの褒めバカクソ男に影響を受け、一から修正をやり直した。

肌のシミ・しわ・たるみは全て自然に消し、ほうれい線は薄く。
白目を少しだけ強調し、髪色は艶を出し、口紅は少しだけ濃く。

仕上がった画像を見て思わず頷いてしまった。
そこに映し出されている女性は、誰がどう見ても綺麗な女性、いや、、、女だ。

 

 

しかしどうだろう・・・。

まだリスペクトが足りない気がする。
そこで少しばかり遊びを入れてみた。

髪はアニメの女性キャラクター風に。
コンタクトレンズの色も変える。

色々手直しした結果、コミケに参加しちゃってるオバちゃんみたいになった。

f:id:nukya-e:20180308190557j:plain

最後に顔面を緑にしてピッコロ風に仕上げた。

分かってる。
でも、大丈夫。

 

-翌日-

 

貴婦人たちに修正画像を見てもらう。

すると・・・

「えっ?凄い緑じゃん、、、バカにしてる?」
「私ナメック星人?」
と、序盤から怒涛のクレーム。当然これは計算済みだ。

「いや、この画像前はこれですよ?」
といって、超絶美魔女画像を見せる。

「えぇ〜!!!凄い!!!」
「こっちがいい!!」

キタキタキタキタ。

【最初にハードルをグッと落としながら、実は綺麗にしてまっせ】というギャップ作戦は見事に成功した。

 

めでたしめでたし。

 

貴婦人たちのGOサインも出たことで、最後にナメック星人風画像をサイトにアップして会社を後にした。

喜ばれたことでこちらも意気揚々としてしまい、ノリでナメック星人でもいいかなと勝手に判断し、許可を取らずにアップしたのだ。

 

-その翌日-

朝の会議で上層部含めて結構な時間怒られた。
もうこの会社から仕事貰えないかもしれない。

ということで、画像修正依頼があればお問い合せください。