フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

ハリルジャパンだけじゃない?日本サッカーがここまで弱くなって世代交代も進まない一番の原因 | サッカー日本代表

現在の日本代表が弱すぎて萎えてきた。ドーハの悲劇前から見ているが、ここまで期待が持てない代表は見たことがない…。

サッカー協会、監督、選手。全てに原因があるだろうが、今回は【世代交代】という側面から日本サッカー低迷の原因を考えてみた。

まず、過去5大会のW杯に出場したメンバーと五輪の関係から。

過去5大会のW杯と五輪

【表の補足】
・出場メンバーの順番は背番号順
・年齢や所属クラブは大会時の
・五輪は予選含まず本戦に出場したかどうか

1998年 フランスW杯

Embed from Getty Images

結果:グループリーグ敗退

[グループリーグ]
●0-1アルゼンチン
●0-1クロアチア
●1-2ジャマイカ(得:中山雅史)

大会直前にカズの落選が話題に。初戦は強豪アルゼンチンに0−1で敗戦。二戦目は大会得点王となったシュケルのゴールによってまたも0−1の敗戦。ジャマイカなら勝てるだろうと楽観視していた最終戦も1−2で敗戦と3戦全敗に終わった。帰国の際、空港で城彰二が心ないファンに水をかけられたことも話題に。

出場メンバー 
Pos. 選手名 年齢 所属クラブ 五輪
GK 小島伸幸 32歳 ベルマーレ平塚  
DF 名良橋晃 26歳 鹿島アントラーズ   
DF 相馬直樹 26歳 鹿島アントラーズ  
DF 井原正巳 30歳 横浜マリノス  
DF 小村徳男 28歳 横浜マリノス  
MF 山口素弘 29歳 横浜フリューゲルス  
MF 伊東輝悦 23歳 清水エスパルス アトランタ
MF 中田英寿 21歳 ベルマーレ平塚 アトランタ/シドニー
FW 中山雅史 30歳 ジュビロ磐田  
MF 名波浩 25歳 ジュビロ磐田  
MF 小野伸二 18歳 浦和レッドダイヤモンズ  
FW 呂比須ワグナー 29歳 ベルマーレ平塚  
MF 服部年宏 24歳 ジュビロ磐田 アトランタ
FW 岡野雅行 25歳 浦和レッドダイヤモンズ  
MF 森島寛晃 26歳 セレッソ大阪  
DF 斉藤俊秀 25歳 清水エスパルス  
DF 秋田豊 27歳 鹿島アントラーズ  
FW 城彰二 22歳 横浜マリノス アトランタ
DF 中西永輔 24歳 ジェフユナイテッド市原  
GK 川口能活 22歳 横浜マリノス アトランタ 
GK 楢崎正剛 22歳 横浜フリューゲルス シドニー
※OA枠
MF 平野孝 23歳 名古屋グランパスエイト  
メンバーについて

平均年齢:25.3歳
アトランタ五輪(1996年)出場メンバー:5人

マイアミの奇跡と呼ばれるアトランタ五輪で、ブラジル代表を破った日本代表からは5人選出で、その中の川口能活、中田英寿、城彰二はレギュラー。

 

2002年 日韓W杯

Embed from Getty Images

結果:ベスト16

[グループリーグ] 
△2-2ベルギー(得:鈴木隆行、稲本潤一)
○1-0ロシア(得:稲本潤一)
○2-0チュニジア(得:森島寛晃、中田英寿)

[決勝トーナメント1回戦]
●0-1トルコ

自国開催の大会は初づくし。初勝ち点、初勝利、初のグループリーグ突破。家に帰ればW杯を見たりウイイレしたり、外ではW杯の話をしてというサッカー三昧生活は最高に楽しかった。当時ベッカムが無茶苦茶人気で日本代表以上に映してるんじゃ?という程。八百長疑惑もあったり、強豪国がどんどん姿を消していったけど、決勝はブラジル対ドイツという強豪同士に落ち着いた。試合はつまらかったけど。

このDVDもの凄く好き。

プールでのBBQシーンとか最高。


日本代表ドキュメント(サッカー)

出場メンバー 
Pos. 選手名 年齢 所属クラブ 五輪
GK 川口能活 26歳 ポーツマス アトランタ
DF 秋田豊 32歳 鹿島アントラーズ  
DF 松田直樹 24歳 横浜F・マリノス アトランタ
DF 森岡隆三 26歳 清水エスパルス シドニー
※OA枠
MF 稲本潤一 22歳 アーセナル シドニー
MF 服部年宏 29歳 ジュビロ磐田 アトランタ
MF 中田英寿 25歳 パルマ アトランタ/シドニー
MF 森島寛晃 29歳 セレッソ大阪  
FW 西澤明訓 25歳 セレッソ大阪  
FW 中山雅史 34歳 ジュビロ磐田  
FW 鈴木隆行 25歳 鹿島アントラーズ  
GK 楢崎正剛 25歳 名古屋グランパスエイト シドニー
※OA枠
FW 柳沢敦 24歳 鹿島アントラーズ シドニー
MF 三都主アレサンドロ 25歳 清水エスパルス  
MF 福西崇史 25歳 ジュビロ磐田  
DF 中田浩二 22歳 鹿島アントラーズ シドニー
DF 宮本恒靖 25歳 ガンバ大阪 シドニー
MF 小野伸二 22歳 フェイエノールト  
MF 小笠原満男 23歳 鹿島アントラーズ シドニー
MF 明神智和 23歳 柏レイソル シドニー
MF 戸田和幸 25歳 清水エスパルス  
MF 市川大祐 22歳 清水エスパルス  
GK 曽ヶ端準 23歳 鹿島アントラーズ アテネ
※OA枠
メンバーについて

平均年齢:25.3歳
アトランタ五輪(1996年)出場メンバー:4人
シドニー五輪(2000年)出場メンバー:9人

平均年齢はフランス大会と一緒だけど、試合に出ていた選手は若かった。当時代表監督だったフィリップ・トルシエは、代表、五輪、ユースの監督を務めていたこともあり、五輪代表とフル代表の差はほとんどない。

黄金世代がフル代表に食い込み、自国開催のW杯で躍進という絵に描いたような順風満帆さ。中心選手の年齢を考えると、次のドイツ大会は相当期待できるのは?と多くの方が思ったことだろう。

しかし・・・

 

2006年 ドイツW杯

Embed from Getty Images

結果:グループリーグ敗退

[グループリーグ]
●1-3オーストラリア(得:中村俊輔)
△0-0クロアチア
●1-4ブラジル(得:玉田圭司)

日韓大会に出場した選手の多くが選出されたことは予想通りだが、多くの選手が20代半ば以降、怪我や伸び悩みでキャリアの下り坂に。初戦のオーストラリア戦に終了間際に逆転されるという最悪のスタートで、最後はブラジルにフルボッコ…。

大会終了後には長年日本を引っ張ってきた中田英寿が29歳という若さで現役引退を決断。Jリーグ開幕以降、右肩上がり(だと思っていた)だった日本サッカーの成長曲線が止まっているのでは?ということを考えさせられた。

出場メンバー 
Pos. 選手名 年齢 所属クラブ 五輪
GK 楢崎正剛 30歳 名古屋グランパスエイト シドニー※OA枠
DF 茂庭照幸 24歳 FC東京  
DF 駒野友一 24歳 サンフレッチェ広島 アテネ
MF 遠藤保仁 26歳 ガンバ大阪  
DF 宮本恒靖 29歳 ガンバ大阪 シドニー
DF 中田浩二 26歳 バーゼル シドニー
MF 中田英寿 29歳 ボルトン アトランタ/シドニー
MF 小笠原満男 27歳 鹿島アントラーズ シドニー
FW 高原直泰 27歳 ハンブルガーSV シドニー
MF 中村俊輔 27歳 セルティック シドニー
FW 巻誠一郎 25歳 ジェフユナイテッド千葉  
GK 土肥洋一 32歳 FC東京  
FW 柳沢敦 29歳 鹿島アントラーズ シドニー
MF 三都主アレサンドロ 28歳 浦和レッズ  
MF 福西崇史 29歳 ジュビロ磐田  
FW 大黒将志 26歳 グルノーブル  
MF 稲本潤一 26歳 ウェスト・ブロムウィッチ シドニー
MF 小野伸二 26歳 浦和レッズ シドニー
DF 坪井慶介 26歳 浦和レッズ  
FW 玉田圭司 26歳 名古屋グランパスエイト  
DF 加地亮 26歳 ガンバ大阪  
DF 中澤佑二 28歳 横浜F・マリノス シドニー
GK 川口能活 30歳 ジュビロ磐田 アトランタ
メンバーについて

平均年齢:27.5歳
アトランタ五輪(1996年)出場メンバー:2人
シドニー五輪(2000年)出場メンバー:11人
アテネ五輪(2004年)出場メンバー:1人

2002年大会にも出場したシドニー組が多く選出。気になるのは直近のアテネ五輪経由で代表入りできたのは駒野友一のみということ。また、この頃から海外組と国内組という呼ばれ方をするようになる。当時の監督だったジーコが海外組重視の考えだったこともあり、最後までチームとしてまとまらなかった。

 

2010年 南アフリカW杯

Embed from Getty Images

結果:ベスト16

[グループリーグ]
○1-0カメルーン(得:本田圭佑)
●0-1オランダ
○3-1デンマーク(得:本田圭佑、遠藤保仁、岡崎慎司)

[決勝トーナメント1回戦]
★0-0(PK3-5)パラグアイ

2006年の大会が終わって以降、しばらく代表の試合は空席が目立つようになっていた。代表ブームの終わり、中田英寿の引退など理由は色々あったが、代表で空席が目立っていたのは悲しかった。

そこに現れた救世主が本田圭佑。オランダでゴールに目覚めた本田は大会では1トップの位置に入って初戦の決勝ゴール、デンマーク戦でのブレ球フリーキックなど、2大会ぶりの決勝トーナメント進出に大きく貢献。


2010 W杯 日本-デンマーク 本田先制ゴール!

決勝トーナメント1回戦でパラグアイにPK負けしたものの、大会前のネガティブな空気を一掃してくれたことで、またも盛り上がるように。

出場メンバー 
Pos. 選手名 年齢 所属クラブ 五輪
GK 楢崎正剛 34歳 名古屋グランパス シドニー
※OA枠
MF 阿部勇樹 28歳 浦和レッズ アテネ
DF 駒野友一 28歳 ジュビロ磐田 アテネ
DF 田中マルクス闘莉王 29歳 名古屋グランパス アテネ
DF 長友佑都 23歳 FC東京 北京
DF 内田篤人 22歳 アントラーズ 北京
MF 遠藤保仁 30歳 ガンバ大阪  
MF 松井大輔 29歳 グルノーブル アテネ
FW 岡崎慎司 24歳 清水エスパルス 北京
MF 中村俊輔 31歳 横浜F・マリノス シドニー
FW 玉田圭司 30歳 名古屋グランパス  
FW 矢野貴章 26歳 アルビレックス新潟  
DF 岩政大樹 28歳 鹿島アントラーズ  
MF 中村憲剛 29歳 川崎フロンターレ  
DF 今野泰幸 27歳 FC東京 アテネ
FW 大久保嘉人 28歳 ヴィッセル神戸 アテネ
MF 長谷部誠 26歳 ヴォルフスブルク  
MF 本田圭佑 23歳 CSKAモスクワ 北京
FW 森本貴幸 22歳 カターニア 北京
MF 稲本潤一 30歳 川崎フロンターレ シドニー
GK 川島永嗣 27歳 川崎フロンターレ  
DF 中澤佑二 32歳 横浜F・マリノス シドニー
GK 川口能活 34歳 ジュビロ磐田 アトランタ
メンバーについて

平均年齢:27.54歳
アトランタ五輪(1996年)出場メンバー:1人
シドニー五輪(2000年)出場メンバー:4人
アテネ五輪(2004年)出場メンバー:6人
北京五輪(2008年出場メンバー:5人

アトランタから北京まで4大会に出場した選手がバランスよく選ばれた。ドイツ大会では駒野だけだったアテネ組も6人に増え、直近の北京組も5人選出。パラグアイ戦に負けた後、PKを外して泣く駒野を抱きしめる松井大輔も一緒に涙を流しているシーンに感動したのを覚えている。

 

2014年 ブラジルW杯

Embed from Getty Images

結果:グループリーグ敗退

[グループリーグ]
●1-2コートジボワール(得:本田圭佑)
△0-0ギリシャ
●1-4コロンビア(得:岡崎慎司)

2010年で日本代表の顔になった本田圭佑はCSKAモスクワからACミラン、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川真司、チェゼーナから半年でインテルに移籍した長友佑都、シャルケで右サイドバックのレギュラーとなった内田篤人などの北京世代が欧州のビッグクラブに在籍するようになる。また4位となったロンドン五輪世代も融合し、今度こそ世界と五角以上に戦えるのでは?と期待されたザックジャパン。

しかし、初戦は逆転負け、2戦目は数的優位を活かせずドロー、最後はコロンビアにフルボッコ。状況は異なるが、2006年と同じ流れで大会を後にした。先述した北京世代はW杯1年前ぐらいから怪我や不調でチーム立ち上げ当初ほどの選手ではなくなり、ロンドン五輪世代は北京世代を脅かす程の存在ではなかったことも影響した。

出場メンバー 
Pos. 選手名 年齢 所属クラブ 五輪
GK 川島永嗣 31歳 スタンダール  
DF 内田篤人 26歳 シャルケ 北京
DF 酒井高徳 23歳 シュツットガルト ロンドン
FW 本田圭佑 27歳 ACミラン 北京
DF 長友佑都 27歳 インテル 北京
DF 森重真人 27歳 FC東京 北京
MF 遠藤保仁 34歳 ガンバ大阪  
FW 清武弘嗣 24歳 ニュルンベルク ロンドン
FW 岡崎慎司 28歳 マインツ 北京
FW 香川真司 25歳 マンチェスターU 北京
FW 柿谷曜一朗 24歳 セレッソ大阪  
GK 西川周作 27歳 浦和レッズ 北京
FW 大久保嘉人 32歳 川崎フロンターレ アテネ
MF 青山敏弘 28歳 サンフレッチェ広島  
DF 今野泰幸 31歳 ガンバ大阪 アテネ
MF 山口蛍 23歳 セレッソ大阪 ロンドン
MF 長谷部誠 30歳 ニュルンベルク  
FW 大迫勇也 24歳 1860ミュンヘン  
DF 伊野波雅彦 28歳 ジュビロ磐田  
FW 齋藤学 24歳 横浜F・マリノス ロンドン
DF 酒井宏樹 24歳 ハノーファー ロンドン
DF 吉田麻也 25歳 サウサンプトン 北京/ロンドン
※ロンドンはOA枠
GK 権田修一 25歳 FC東京 ロンドン
メンバーについて

平均年齢:26.8歳
アテネ五輪(2004年)出場メンバー:2人
北京五輪(2008年)出場メンバー:8人
ロンドン五輪(2012年)出場メンバー:7人

過去のどの大会よりも海外クラブが多く、チーム名だけ見ると『おおっ!?』となってしまうが、実際は2枚看板の本田と香川は出場機会に恵まれず、苦しい時期を過ごしていた。ロンドン五輪世代も海外に進出したものの、多くは残留争いをするようなチームなので評価が難しい。

 

世代によって開く実力差の原因は

注目すべきは2006年のドイツ大会から、2大会前の五輪組が一番多く選出されてること。

ドイツ→2大会前のシドニー組が最多選出(11人)
南アフリカ→2大会前のアテネ組が最多選出(6人)
ブラジル→2大会前の北京組が最多選出(8人)

となると、今回は2会前のロンドン組が最多選出?となるが、ロンドン組でメンバー入り濃厚な選手は酒井宏樹と山口蛍の2人だけ。
※吉田麻也はロンドン五輪に出たがオーバーエイジ

先日も招集された酒井高徳、宇佐美貴史、杉本健勇などが入れば、今回も2大会前のロンドン組が最多選出になりそうだが、今までに比べて中心選手が少なすぎる。

東京五輪世代が台頭するまで冬が続く

もう1つ興味深いデータがある。それは、五輪よりも前に出場する世界大会のFIFA U-20ワールドカップ。昨年韓国で行われた大会で実に5大会ぶりに出場した日本代表。成績以上に世代別の大会に出れたことは大きな経験となったはずだ。

昨年の前に出場したのは2007年と、10年前まで遡らなければならない。空白の期間に世界大会で戦うチャンスを逃した日本代表(候補含む)は以下の選手達。

権田修一、水沼宏太、柿谷曜一朗 、永井謙佑、原口元気 、酒井高徳、宇佐美貴史 、遠藤航 、杉本健勇、小林祐希、久保裕也、大島僚太 、植田直通、中村航輔、南野拓実、井手口陽介

上記に加えて当時選ばれなかった清武、大迫、柴崎などを含めると、ほぼ今の日本代表が出来上がる。各世代共に五輪には出れてるが、20歳前後で世界大会に出られなかったツケが回ってきているような気がしてならない。やはり育成は大事。

リオ五輪世代もU-20に出れてないので、期待したい世代は次の東京五輪世代。五輪の前に世界大会を経験し、堂安律など面白い存在もいる。

Embed from Getty Images

ロシアワールドカップはどうなのか?

まとめるまでもなく、今回のロシアワールドカップで日本代表は苦戦する。というより、3戦全敗という結果が待っているだろう。ただ、それは今の時点で。

過去5大会の結果を並べていくと、、

1998年→グループリーグ敗退
2002年→グループリーグ突破
2006年→グループリーグ敗退
2010年→グループリーグ突破
2014年→グループリーグ敗退
2018年→???

敗退→突破のループなので、今回は『グループリーグ突破』だろうと、、、、、、、と考えたい。

崩壊以後

Number(ナンバー)948号[雑誌]

長友佑都の食事革命