読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

汝、今抱こうとしているそのレディーには多くの愛が積み重なってることを知れ。

青春ノイローゼ-朋輩 青春ノイローゼ アピュラ(著)

籍を入れて半年の友人(以下土井君)から「子供ができたかも」と告げられたのは昨年の夏。このブログ運営メンバー+土井君で久々に飲もうか?ということで集まった際の嬉しいサプライズとして聞いたのを覚えている。

優しさの愛の戦士 

土井君は男子校&男だらけの職場という環境に身を置いてきた影響か女性に対してかなりの奥手で、人生の大半はフリーとして過ごしていた。そんな土井君がさっそうと結婚&子供を短期間でゲッツするとは人生って本当に分からない。

今は「努力は必ず報われる」と、AKBの総選挙で高橋みなみが発した言葉の意味を考えている。土井君は20代半ばに一人暮らしをしていたが、その際「彼女ができて同棲するかもしれない」などと淡い期待を込めて部屋のサイズに合わないダブルベッドを購入した。しかし、そのベッドで一緒に眠る女性は現れなかった。 

まだある。

20代の頃数回旅行へ行ったが、熱海の海で遊覧船に乗る機会があり、もう一人の友人明智君と一緒に映画『タイタニック』のワンシーンを演じ「ひゃっほーい!!」とやっている時は「これ女できねえな」と素直に思い、夜景の綺麗な公園で突如「今年中に彼女作るぞーーーーーーーーー!」と根拠なき彼女作り宣言した際は寒気さえした。

こうした行動がプラスに働くことはなかったが、決してマイナスだけではない。それは孤独が作り出した優しさなのではないかと思う。土井君は独りの寂しさを知っている。

別名【マスター・ベーション】のマスターとも言うべきか。だからこそ誰かと一緒になった際、もの凄く良い彼氏になるんだろうな〜と容易に想像できた。

 

そして運命の相手は突如として現れる。GOーKONというバトルにて。その会は自身も参加したが、盛り上がりに欠ける寂しい会だった。しかし、土井君は現在の奥さんとなる方と連絡先を交換していて、数回の食事を経て交際へ発展したようだ。

 

ここから怒涛の攻めが開始される。

 

今までの独りだった鬱憤を晴らすように土井君は良き彼氏として振る舞った。興味のないディズニーランドやディズニーシーへ一緒に行き、彼女に合わせてディズニーのTシャツを着る。夜は夜でエッチなダッフィー君となり、魅惑のチキルームという名のベッドにてピノキオの冒険旅行や空飛ぶダンボのアトラクションを披露したり、彼女のスプラッシュマウンテンという名の豪快なしぶきで遊んだりと、本場のミッキー顔負けの芸達者っぷりを演じた。まさに最高の彼氏。

そして結果は、、、もう言うまでもないだろう。

 

土井君から出汁君へ 

「無事生まれましたー」

土井君からのLINEにホッとしたのは昨年末。そして先日、まだ二ヶ月の赤ちゃんをこのブログメンバーで抱かせてもらってきた。女の子だが顔は土井君似で、そんなところも可愛らしい。どうか穏やか幸せを送って欲しいと切に願うばかりだ。

土井君が過去に熱海の遊覧船で明智君とタイタニックの真似をしていた際に近くの子供が引いていたこと、暗い公園で突如彼女作ります宣言をしたこと、オッパブで抜いてもらったこと、オッパブで満足出来ずにピンへ行ったこと、指名予定の嬢が先に取られて不機嫌になったこと、ガラケー時代「我思う故に我あり」というナポレオンの名言を待ち受け画面にしていたこと、個室鑑賞で「ビデオは5本まででお願いします」と受付にビデオを10本持って行って注意されたことなどは子供には黙っておくつもりだから安心してくれ。

 

現実は時として残酷 

少しして「この子が20歳になる頃は、うちらは55歳か笑」なんて話をして気付いた。それはもう若くないということ。この先いかがわしいお店へ行けば「お父さんと同じ歳だ笑」なんて小馬鹿にした言葉も浴びせられるだろう。

その時に笑っていられるだろうか?
「そこお願いします!」なんて素直に言えるのだろうか?
残念だが今は自信がない。それでも人生が続く限り避けては通れない道でもある。

 

いざとなれば力は貸す

土井君の性格上、娘さんがダークサイドに落ちることはないだろうが、娘さんの同級生や知り合いが暗黒面へ落ちる可能性が100%ないとは言い切れない。その際、必要であれば力になってあげたいと思う。当然今よりアンテナもモチベーションも勃ちも悪いだろうが、盾になることはできる。

「お父さんと同い年だー!超ウケるんですけどぉ〜(爆)!お父さんって言ってもいい笑?」
「ああ、いいよ」

そして父になる。

 

 

 

 

 

そして事が済んだら最後にこう思えばいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我思う故に我あり。

と。