フォレストラバー

気になることや好きなことを淡々と

iPhone6s Plus バッテリーの減りが早くなってきたので「Anker PowerCore 10000」を買ってみました

昨年11月からiPhone6s Plusを使ってますが、最近バッテリーの減りが早いです。また、仕事の都合上長時間充電できない日もあるので、予備バッテリーとしてAnkerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」を買うことにしました。

それまではサンワサプライから出てるモバイルバッテリーを使ってましたが、容量も小さくて1回充電できるかできないか程度の使用感に不満もあったので。

で、久々にamazonでモバイルバッテリーを探して気付いたんですけど、最近はとんでもなく安くなってますね!サンワサプライのモバイルバッテリーは5,000円もして5000mAhとかだったのに…今なら5,000円ちょい出せば30000mAhもあります。いい時代や。

ただし!充電できる回数が増えるのは嬉しいけど重いのは嫌。毎日持つことを考えると300g以下に抑えたい、そして価格も安く。そんなSEIYUのような条件をクリアしてくれたのがAnkerのモバイルバッテリーです。

フル充電でiPhoneを3、4回充電、本体重量約180g。これで2,699円と非常に安いのではないでしょうか。迷うことなくポチり、翌日に届きました。サクッと紹介していきます。

まずは外箱。
f:id:nukya-e:20161125130835j:plain

開けて中身を取り出すとこうなってます。
f:id:nukya-e:20161125130932j:plain

ん!?
f:id:nukya-e:20161125131008j:plain
余計なお世話です。

カラーは白。少しゴミが付きやすい印象です。
f:id:nukya-e:20161125131044j:plain

f:id:nukya-e:20161125131132j:plain
手のひらに置いてみました。大きさは、おろしたての石鹸ぐらい。大きさも重量(約180g)もバックに入れることを考えれば十分許容範囲内ですね。

ちなみに、このモバイルバッテリーをシコる時はこう持ちます。
f:id:nukya-e:20161125131354j:plain

ついでにポート部分を。説明要りませんね。
f:id:nukya-e:20161125131431j:plain
地味に嬉しかったのがトラベルポーチと呼ばれるケース。サンワサプライのモバイルバッテリーは裸でバックに入れてた影響で本体がベコベコになってしまったので、ケースの存在は非常に有り難い。

早速ケースに入れてみました。
f:id:nukya-e:20161125131942j:plain
すっぽり入ります。柔らかさや触り心地は、みかんのネットを何重にもしたようなイメージといえば分かりやすいでしょうか。これなら安心してバックの中に入れておけそうですね。

ちなみに、ケース入りのモバイルバッテリーをシコる時はこう持ちます。
f:id:nukya-e:20161125132418j:plain
注意点を伝えておくと、上下に激しく振るとモバイルバッテリーが出ちゃいます。

f:id:nukya-e:20161125132548j:plain
ね?

まとめ

今回購入する際、ケーブルが2、3口付いてて容量大きなタイプ(30000mAh)も当然考えました。ただ、容量大きなバッテリーは重量が500g以上するので持ち歩くには向いてません。当然持つ人の使用頻度と重さの許容範囲によって変わってくると思いますが、予備電源という立場を考えるとやはり150g前後が丁度いいかなと。

「Anker PowerCore 10000」がベストかどうか分かりませんが、これでしばらくは長時間の外出やプライベートでバッテリーがなくて困ることはなさそうです。