フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

サバイバル・ウェディング【第1話感想】ストーリー&キャスト|ハイブランドのマーケティング戦略で結婚できるのか?ネタバレしながら分析します!

2018/07/15

数ある女優さんの中でも特別に素敵に想っている波瑠さんが、久々に婚活恋愛コメディのドラマを日本テレビで演じるので、僕はとにかくテンションが上がっている。

f:id:nukya-e:20180709145709p:plain

波瑠さんは人間の外見は変わらず、内側だけが他人と入れ替わったかのような印象を受けるので本当に面白い。

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』は特に最高だった。

波留さんは正義。

波留、イズ、ジャスティス。

ネバーエンディング波留だ。

意味わからんが。 

 

また、僕はわりと恋愛レクチャードラマをみて難癖をつけるのが好きなので、波瑠さんは登場していないが、以前のドラマ『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』も好んで見ていた。 

 

『できしな』では男を落とす為のテクニックを伝授されて実践していく面白さがあった。

今回の『サバイバル・ウェディング』も同じく女性の価値をハイブランドのマーケティング戦略を駆使して高めるというテクニックが登場する。

 

そこで、男性の視点から見てこのドラマのネタバレありの感想

『ハイブランドのマーケティング戦略』が本当に恋愛に有効なのか?

を考えていきたい。

ちなみにこのドラマは、サバイバル婚活で【サバ婚(サバコン)】と呼ぶらしいですよ。

 

 

サバイバル・ウェディング

イントロダクション

えっ!?半年以内に結婚しないとクビ!?

黒木さやか、29歳。出版社勤務。

30歳の誕生日に大好きな彼と結婚式を挙げる―――

3か月後に挙式をひかえ、幸せいっぱい寿退社したその夜…

なんと!フィアンセの浮気が発覚!!!

しかも!逆ギレされて、まさかの婚約破棄!!!!

結婚もパア、仕事もやめてしまった…っ

一夜にして、ただのプータローとなった彼女を拾ってくれたのは…

人気雑誌のカリスマ編集長

しかし、この人物…毒舌ナルシストの超変人だった!!!

なぜ、お前が男に捨てられたか教えてやろうか?

それはな、お前の市場価値が相対的に低いからだ

クセ者編集長がつきつけた前代未聞の再就職の条件…それは。

半年以内に結婚しないとクビ!!

①オレの言う通りに婚活して半年以内に結婚すること

②結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載すること

 断れば無職…拒否権ナシのスパルタ婚活スタート!!

女としての価値なんて、売り方次第でいくらでも上がる。

お前がハイブランドくらい価値を高めれば、

男なんて余裕ってことだ。

海外有名ブランドのマーケティング戦略を恋愛に応用!?

型破りな変人編集長直伝のとんでもない恋愛テクニックで

さやかは自分の価値を高め、

見事半年で結婚することができるのか??

元カレと復縁?×新しい男?×それとも…!?

週末の夜、生きることに不器用なあなたに贈る―――

人生応援!!痛快サバイバル・コメディ!!

(引用|公式サイト) 

 

キャスト

波留|さやか

波瑠 [2012年 カレンダー]

波留、イズ、ジャスティスゥゥゥ!!!!!

 

伊勢谷友介|宇佐美

社会彫刻

伊勢谷さんはイケメン役よりもこういう奇人変人の類の方が何となくハマり役の予感がする。メッチャ期待してます!!!!

 

吉沢亮|柏木祐一

吉沢亮 ファースト写真集 『 はじまり。 』

透明感が凄くて、いい意味で”生きてる感”が薄いと思っている吉沢亮。

この写真集で着てる服はローソンみたい。

 

高橋メアリージュン|多香子 

たまにアンニョイな表情を浮かべるメアリージュンさん。結構好きです。

 

ブルゾンちえみ|千絵梨

半面マスク キャリアウーマン

大人気のブルゾンさん。もしかしたらお笑いよりも、こういった演技の世界で幅を広げていった方が、今後のネタにも生かせるのではないかとひそかに期待しています。

 

風間俊介|和也

猫なんかよんでもこない。 [DVD]

ディズニー大好き風間くん。独特の空気感と世界観を持った役者さん。個人的には風間くんと岡田くんがジャニーズ内役者の2代トップスターです。

 

須藤理彩|優子 

様々な作品に出演する大人な女優さん。

どこかでとてつもないハネかたをして欲しいなぁ。

 

生瀬勝久 

 もはや伝説クラスの名優・生瀬さん。個人的には『リーガルハイ』の時の生瀬さんがいい感じにふざけてて好き。

 

財前直見

(引用:http://trend-japon.com/11187.html)

財前さんのイメージはドラマでクルクルハサミを回している人。

 

荒川良々

福福荘の福ちゃん

いいよねぇ・・・荒川良々さん。絶対的な空気感を出せて、ドラマや映画のアクセントになるし。ちなみに画像の顔は森三中の親方に激似。

 

前野朋哉

小越勇輝

奈緒

石田ニコル

ついひじ杏奈

山根和馬

 

番組情報 

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

 

原作小説

原作は大橋弘祐さんが書いた、

『SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)』

という作品になります。

SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)

軽く読めて、さらにブランド知識も身に付くという一石二鳥の作品です。 

読み心地が軽くてタメになるって一番いい本ですよね♪

 

 

第一話

f:id:nukya-e:20180709163146p:plain

あらすじ

2018年3月。 出版社で男性週刊誌の編集部に勤務するさやか (波留)は、現在29歳。3か月後の30歳の誕生日に結婚式を挙げることになり、晴れて寿退社し、幸せに向けて一直線……のはずだった。しかし、会社を辞めたその夜、恋人の和也 (風間俊介) の浮気が発覚!なんと婚約破棄されてしまう。結婚準備でかさんだ出費で、さやかは金銭的にも大ピンチに…!!

恥をしのんで復職のお願いに行った元上司に紹介されたの は、今までとは畑がまったく違う女性向けライフスタイル 誌「riz」 の編集部。「riz」の力リスマ編集長・宇佐美(伊勢谷友介)は、さやかに「半年以内に結婚すること」と 「俺の言う通り婚活して体験談を連載にすること」を再就職の条件として突きつけてきた!!

キレ者だが毒舌で自称「日本で恋愛に一番詳しい」宇佐美がさやかに命じたのは「自分の価値を上げること」。“和也と復縁→結婚“を目指すさやかは、ことある ごとにハイブランドのマーケティング戦略を引き合いに出す宇佐美の指示で、和也からの連絡をとことんスルー することに。先輩編集者の優子(須藤理彩)や同期の多香子(高橋メアリージュン)、SNS担当の千絵梨(ブルゾンちえみ)ら個性豊かな編集部の面々にこき使われながら、和也に連絡できる日を待ちわびるさやか。不器用だが一生懸命なさやかととあるイベントで出会った祐一(吉沢亮)は、彼女のことを気にかけるが……。 

そんな中、遂に和也から「会いたい」という連絡を受けたさやか。しかし宇佐美はさやかを“手に入りにくいブランド品、に見せるために、和也との約束は30分で切り上げしかも他の男と会っている現場を見せつけるよう命令するが…!?

(引用|公式サイト)

ネタバレ感想と考察

いよいよ始まりましたサバイバル・ウエディング。

はじめに浮気&婚約破棄というストレスを感じる展開が続くのはあらすじで知っていましたが、その部分がサクサクっと進んでいくのはテンポが良くて好感触

嫌な前振り部分は早く終わるに限ります。

 

波留の演技も気にならない程度に、ちょっとだけ舌ったらずにしているようで絶妙ですよね。なんかダメっぽい女を見事に演じられてましたね。流石だなぁ。

 

あと、宇佐美のキャラが絶妙でした。

前髪のパッツン具合とベストの感じ。

そしてなんといっても、メガネのかけ方が気持ち悪くていい感じです、笑。

 

ストーリー的には寿退社した夜に浮気が発覚してフられてしまったさやかが、毒舌変人編集長の指導の下、半年以内に結婚することと体験談を雑誌に連載することを条件に
職場復帰するところから始まっていきます。

f:id:nukya-e:20180709163202p:plain

では宇佐美の言葉と共に振り返りましょう。

さっそく宇佐美がさやかに対して、エルメスのバーキンを例に出して、

「お前は市場価値が低い!」

という指摘をしていました。

これって言葉は悪いけど核心を突いているかもしれないですよね。また、

「自分の価値を上げること」

という意識を持つことも話していました。

一貫して、さやかの価値について問いかける宇佐美は、自己中なようで相手の為のアドバイスをしているように見えます。

 

また、

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

とはよく言ったもので、まさに高級ブランドのマーケティングとは、己の価値を相対的に高めることの歴史だなと妙な説得力を感じてしまいました。

キャリーバックのくだりとか普通に勉強になったし。


最後の方では自分のほうでは、和也に対して誠実に自分が思った通りに接したいというさやかに対して、

「マーケティングの基本は顧客のニーズに耳をかたむけること」

なのだから、なぜ男の意見をもっと聞かないんだと怒ります。

この意見には賛否あると思いますが、さやかも私はニーズに答えていると言います。

だって、女性警察官のコスプレまでしてあげてたんですって、聞きました、奥さん。

 

いや、むしろそれを放送しろよ!!おら!!

 

っと思わず我を忘れてしまいそうですが、宇佐美は、

「男が喜ぶことじゃなくて、男の脳が喜ぶことをするんだ」

というのです。

男の脳が喜ぶことって言われると、なんかメチャクチャエロいことを考えてしまいますが、それは相手の言いなりになるのではなく、もっと潜在的な部分を刺激しなければいけないんですね。

ふむふむ・・・と納得しそうになりますが、なかなかレアケースのような気も・・・。

 

ともかくラストでは、クズ男和也に代わる素敵な出会いがついに訪れそうになります!!

・・・と思ったらホントのラストで和也が登場。

わかりやすくクズ男。

わかりやすくクズいなぁ、笑。

こんな展開で落とされる女なんていない、

いないよ・・・

いない・・・・

なんて思ってたら・・・

キスされて荷物おとしてるーーーーーー笑

 

これ、さやか、ダメ女じゃね?

f:id:nukya-e:20180709163208p:plain

 

宇佐美の戦略①

・元カレに2週間メールも電話も無視すること

いかにも雑誌の恋愛特集といった感じだが、連絡を返さないということは相手に自分のことを考えさせることなので、タイミングはあれど有効な手段なのだろう。

 

宇佐美の戦略②

・元カレに他のいい男と一緒にいるところを見せつける

仕事とプライベートが充実してきたと情報を小出しにしたり、違う男との繋がりをチラつかせるというのは、まだ競争段階では有効なのだろう。

やりすぎはご法度だけどね。

 

てか、浮気してフった彼女に対して思い出話をして再度デートに誘うなんてクソ男に感じますけどね、笑。風間俊介いい演技しますよね。

去っていく和也に、思わず呼び止めて気持ちをぶつけそうになります。

だめだ~~~モデルのケイタ!!!早く来い!!!!!

・・・なんて思ってたら宇佐美が来た、笑。

しかも運転下手だし、笑。

 

宇佐美の戦略③

・大切にされたかったら安売りするな

この作品のキモは自分の価値を、自分のモノサシで安く測るか、他人のモノサシで高く測るかを考えることだと思うんですよね。

大切にされたかったら安売りするなって、自分のことを大切にしろってことでもあるので、宇佐美は実は結構いいことを言ってると思いました。


でも次回予告で、さやか、抱かれてたよな、笑。まいったね、これ。

 

 

第二話

f:id:nukya-e:20180715165519p:plain

あらすじ

 「大切にされたかったら体を許すなよ」宇佐美(伊勢谷友介)から恋愛戦略を聞かされた直後にも関わらず、元婚約者の和也(風間俊介)に迫られ思わず流されてしまったさやか(波瑠)。「編集長には絶対言えない」宇佐美への後ろめたさを感じつつも、婚活連載「サバイバル・ウェディング」の初回に向けて準備をスタートさせる。結婚を楽しみにしている実家の母・美恵子(財前直見)からの電話には「式が半年延期になった」ととっさにウソをついてしまうが、やはり“自分を安売りしてしまった”さやかに和也からの連絡は途絶えたままだ。

f:id:nukya-e:20180715165848p:plain

そんな中さやかが出会ったのは、新たに担当になったタイ アップ広告の代理店営業マン・祐一(吉沢亮)。実は祐一 は、先日のイベントでさやかが用意したガッツリ系のお弁当を唯一食べてくれた着ぐるみの“中の人”だった!仕事もできる”超絶さわやかスーパーイケメン”祐一にときめくさやかだったが、クライアントの愛され系女子・美里(奈緒)も彼に絶賛アブローチ中。さやかは美里が仕掛ける女子力対決を受けて立とうとするが…。

f:id:nukya-e:20180715170625p:plain

久しぶりの“恋のはじまりの予感”をさやかは生かすことができるのか!?和也との関係には“未来”があるのか!?そして宇佐美がさやかに授ける次なる“作戦”とは??

(引用|公式サイト)

ネタバレ感想と考察

2018年07月21日23時以降に更新