フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

初野晴『退出ゲーム(ハルチカシリーズ)』紹介と感想文:ミステリーであり青春小説でもあるエッセンスが追加されたライトミステリー!

退出ゲーム (角川文庫)

 

前回に引き続き、<ミステリーに追加された別のエッセンス>をポイントにしたライトミステリーの紹介です。 

www.forest-lover.com

 

退出ゲーム(ハルチカシリーズ)

どんな作品なのか?

 初野晴(はつの・せい)さんが書く青春ミステリーで現在、

・退出ゲーム
・初恋ソムリエ
・空想オルガン
・千年ジュリエット
・惑星カロン

の5冊が発売されているのだが、作品がそれぞれ別の題名なので、主人公のハルタチカのそれぞれの名前をとって<ハルチカシリーズ>と呼ばれている。僕は文庫派なので惑星カロンは未読です。 

 

 

アニメ・漫画になっている

ちなみに、2016年にアニメ化されて人気の『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』の原作小説にあたります。漫画にもなっているみたいですね。

  

アニメ『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』公式サイト

 

それぞれ短編が連続し、作品全体で一つの物語となる構成になっているのでとても読みやすい。読み終わった方へ感想を言うと、個人的にはアスモデウスの視線や、ヴァナキュラー・モダニズムが好きだったりします。

 

 

エッセンスは<+吹奏楽

この作品ではミステリーに吹奏楽のエッセンスが追加されている。

吹奏楽部のまわりで起きる日常の謎を主人公のチカとハルタが解決することで弱小吹奏楽部の部員が増えていき吹奏楽部の甲子園である普門館を目指すという展開。

ドラクエ5でスライムナイトのピエールを仲間にして魔王の城に行くみたいな感じです。例えが古いが。

 f:id:nukya-e:20160305132503j:plain

あくまでも普門館を目指す青春小説である軸があるので、謎が多少強引でもさほど気にならない。むしろ吹奏楽部の青春小説に<ミステリー>の要素が追加されているのかもしれない

 

もうひとつのエッセンス<+三角関係?

もうひとつ。青春小説に欠かせないパーツとして教師への恋ごころがある。

主人公のハルタ(♂)チカ(♀)は吹奏楽部の顧問であるクサカベ先生(♂)に恋をしている。つまり、ハルタとチカは吹奏楽部の仲間であると同時に恋のライバルでもあるというわけだ。

この性別を越えた三角関係が、シリアスになりがちな物語をいい具合に脱力してくれて、今のところ堅苦しくない方向へ導いてくれているようだ。

 

ちなみにこの作品にハルタのホモセクシャル描写に具体的な表現は何もないので、お子様にもご安心してお召し上がりいただけます

 

アニメ化されて感情は複雑

アニメ化されることで人気がでるのはうれしいのだが、自分が好きだった小説が深夜アニメになった時のこの微妙な感情をどう表現したらいいのか悩む。わかりますかね、この感じ。

一番近い感覚は、自分の妹がグラビアアイドルになって結構キワドイ水着を着させられて、世間の中学生たちの夜のお供になってしまったような、そんな感じですかね。

実際そんなことがあれば、意外とそれはそれで興奮するかもしれないが。

 

動画で見るととても可愛らしいキャラクターばかりなんですけどね。

作者の初野さんだが、もともとは軽いタッチの小説よりも、重厚感のある作品を書きたかったのではないかと勝手に想像している。

というのも、文章が軽いタッチであることに反してギャップがあるくらい解けた謎がシリアスな時がある。いい意味で油断ができない作品になっている

 

  『響け!ユーフォニアム』武田綾乃

ミステリーではないのだが、吹奏楽部の物語というと武田綾乃さんの響け!ユーフォニアムという作品もある。残念ながら原作小説はまだ読んだことがないが、アニメ化されたものを僕は観たことがあり、若い学生達が頑張っている姿を見て不覚にも感動して涙ぐんでしまったことがある

 

最近ダメですね。年齢と共に涙腺が弱くなっていく。すぐに濡れちゃう。 

 

 

この作品は女子の青春スポコン吹奏楽部の話なので、意外とシリアスな場面や、女子特有の嫌なグループ意識なども多いが、同時に思春期に感じていたやり場のない感情や、緊張感からくる視界の歪みの表現などは一見の価値がある。

 

アニメがとても人気があったのか、今度総集編的な映画とアニメの第二期が始まるみたいですね。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』公式サイト

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト

 

 

 

偏見を爆発させると・・・

ちなみにこのアニメ。

第一期には微妙にレズビアン風(っぽく見える)シーンがあり、ハルチカのハルタのホモセクシャルの件と総合的に考えて、

吹奏楽部=同性愛の巣窟

という黄金の方程式が成り立ちそうになるが、分母が少なすぎるので結論は先送りにしたいと思う


話はそれたが、アニメを見て少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ原作小説にも手を伸ばしてみてはいかがだろうか。

 

橋本環奈主演の映画『ハルチカ』はファンに受け入れられるのだろうか? - フォレストラバー(2016-3-22:追加記事)