フォレストラバー

本や映画、サッカーやパイパイの魅力をお届け

欧州サッカー移籍情報《速報》噂含めた最新情報のまとめ!チェルシーの来季監督はナポリのサッリが濃厚か!?

2018/05/27:更新 今年の冬は例年になく活発に市場が動きました。引き続き夏の噂をまとめていきます。 2017-2018シーズン夏の移籍市場についてはこちら www.forest-lover.com // スポンサーリンク'); // ]]> // 欧州サッカー移籍情報 《随時更新》 欧州サッカ…

ショートエッセイ集『楽しむマナー』を楽しむマナー!感想文

『楽しむマナー』を読んだ。 楽しむマナー 楽しむマナー (中公文庫) posted with ヨメレバ 中央公論新社 中央公論新社 2017-03-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 紹介文 人が喜ぶおごられ方から天寿を全うする方法まで、人生のあらゆる場面で出くわすマナーの…

《J1》2017年-2018年のJリーグ移籍情報や噂まとめ《速報》《随時更新》イニエスタのヴィッセル神戸移籍が正式決定!!

2018/05/24 更新 2017シーズンのJリーグは、川崎フロンターレが最終節に逆転で初優勝で幕を閉じました。水面下では各チームが新卒選手、ユース上がりの選手を来シーズンチームに加えるかの動きが出てきてます。 夏には出場機会に恵まれない選手や海外から帰…

2018年大注目のグラビアアイドルやタレントを厳選紹介

2018/05/22:桃月なしこを追加 グラビアアイドル情報網が弱まってきたので、プレイボーイ、FRIDAY、SPA等を読み漁るようになりました。その中から個人的にグッときた人を一挙に紹介していきます。 今見るべきグラビアアイドル、タレント ・雑誌や週刊誌で水着…

タイトルにチョコレートが入る小説たち【8作品】バレンタインデーにどうぞ!

2018年5月21日更新 『チョコレート』という言葉からはどんなイメージが連想されるだろうか? 高級感があるものから駄菓子屋で売っているお手軽なものまであり、子供から大人までが手に取るチョコレート。バレンタインで贈るときのドキドキや貰った時の喜び様…

【サッカー日本代表】ガーナ戦のメンバー27人発表!予想の答え合わせと感想|岡崎慎司が復帰で中島翔哉が外れる

日本サッカー協会(JFA)が昨日の18日、今月30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 最新の日本代表メンバー(5月18日時点) 西野朗新監督も会見で発したように、本大会のメンバーもほぼこのメンバーに…

なぜ『教団X』が”つまらない”という感想になるのか考える|明確な答えを示さない傑作小説の感想文|中村文則

アメトークの読書芸人を観た事のある人ならば知っていると思うが、中村文則さんの小説の中に『教団X』という作品がある。 番組の中で大絶賛されていたこともあり、多くの人が手に取ってこの本を読んだことだろう。 特徴的な装丁や壮大さを感じさせるタイト…

【サッカー日本代表】予備登録の35人発表は明日の5月14日!ロシア本大会メンバー23人を今一度予想してみる【3回目】

明日5月14日が、2018年ロシアワールドカップ予備メンバー35人の登録期限となる。 今後の予定としては 5月14日→35人の登録期限5月18日→直前メンバー30人程度5月30日→ガーナ戦5月31日→最終メンバー23人発表 監督がハリルホジッチから西野朗…

高倉監督が創る【なでしこジャパンのサッカー】を著書から読み解く!『なでしこサッカー―世界の頂点へ』感想文|高倉麻子

2018年4月に行われたAFC女子アジアカップ。 FIFA女子ワールドカップ2019フランスの出場権を獲得し、さらには優勝という栄冠も獲得したなでしこ達には万雷の拍手を贈りたい気持ちだ。 Embed from Getty Images // その代わりといっては何だが、なでしこジャパ…

辻村深月『青空と逃げる』ネタバレ感想文|青空とは何のことを言っているのだろうか?

辻村深月『青空と逃げる』を読んだ。 重苦しい読書感覚を味わうも、爽やかで前向きな結末のこの作品は、読み終わった後の余韻が実に気持ちいい。 感覚的には同じく辻村深月の作品である、 『島はぼくらと』 に近い気持ちよさと言えば伝わる人には伝わるかも…

西野朗監督に招集してもらいたい新戦力一覧【サッカー日本代表考察Vo.10】

サッカー日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏のグダグダ会見を見て、このタイミングでも解任させてよかったと再確認した。このままでは3戦全敗が目に見えてるし、言い訳も『決定機は我々のほうがあった』『ディエルが足りなかった』の二本…

オススメの短編小説をオールジャンルで紹介!【29作品】

※2018年5月5日更新 はじめに 短編集の魅力は長編作品の魅力とは種類が違う。 一冊の本の中で様々な体験が出来たり、1つの物語だと思っていたらそれぞれの物語が繋がっていたりと、短編集だからこそ味わえる多くの要素が存在する。 さらに、好きな作家の違っ…

孤狼の血の続編『凶犬の眼』感想文!正義と仁義…貫くべきはどちらか?|柚木裕子

柚木裕子『凶犬の眼』を読んだ。 前作『孤狼の血』の男くさいハードボイルドな雰囲気を気に入ったので、その続編にあたるこの作品も貪るように読みふけてしまった。 『孤狼の血』感想文|魅力的な汚さが躍動する男くさい本|柚木裕子 続編もやはり面白い。 …

丸亀製麺で牛焦がしとろ玉うどんと臭い天ぷらが出てきた

外食で何を食べようか考える時、定番と挑戦に分かれる。定番とは「意外性はないけど満足できる」で、挑戦は「行ったことないお店」のことを指す。小生にとっての定番は吉野家、松屋、なか卯、ジョリーパスタ、丸亀製麺、お気に入りのラーメン店が該当する。…

感想文『明日の子供たち』かわいそうな施設の子供という糞ニーズに真っ向から立ち向かう傑作小説|有川浩

有川浩『明日の子供たち』を読んだ。 多くの有川作品を読んできた中で、僕がNo1であると断言できる作品かもしれない。 いや、断言してしまおうか。 この作品がNo1だ。ハッキリ言って名作だ。 あまり強い言葉で褒めると作品のハードルが上がってしまう…

恋愛の”自己肯定力”を付けさせる本『すべてはモテるためである』は非モテ体質改善に最適かもしれない|二村ヒトシ

「なぜモテないかというと、それは、あなたがキモチワルいからでしょう。」 そんな辛辣な一文から始まる自己啓発本・・・とりうよりモテ啓発本がこの本、二村ヒトシ『すべてはモテるためである』である。 モテない男からすると、 「自分が持てないのは自分が…

【祝!映画化】警察小説『孤狼の血』感想文|魅力的な汚さが躍動する男くさい本|柚木裕子

柚木裕子『孤狼の血』を読んだ。 昭和という時代背景と限りなくグレーなマル暴の刑事が織りなす、無骨で男くさい警察&ヤクザの小説。 男くさいハードボイルドな作品を拒絶してきたわけではないが、今まではあまり好んで手に取ってこなかったタイプの作品だ…

愛すべきクローズド・サークル系おすすめミステリー小説【23作品】

2018年4月20日更新 ミステリーファンとしては絶対に外せないジャンル―― 【クローズドサークル】 皆さんも読まれたことはあるかと思います。 傑作と呼ばれるクローズドサークルには、孤島や山荘に閉じ込められて、1人、また1人と殺人が起きていき最後には仰…

カフェで読みたくなる癒される小説【22作品】コーヒーでホッと一息つきたい時にどうぞ!

カフェで癒しの時間を過ごす時に、そのパートナーとして一冊の小説があることほど素敵なことはない。 香ばしいコーヒーに鼻腔をくすぐられながら、一つの物語に没頭できることは、読書好きにとってこの上ない贅沢だ。 できれば、その癒しの時間に読む物語は…

いつの日かヴァイッド(ハリルホジッチ)に銀座でパレードを

サッカー日本代表の監督を務めるヴァイッド・ハリルホジッチ監督がロシアワールドカップを2カ月後に控えた段階で契約を解除された。後任は日本サッカーの技術委員長を務める西野朗氏。「今のタイミング?」「遅すぎる」「マイアミの奇跡って?」など色々な…

公共の場で女のケツを揉みしだく男

「だからよー。要するに言ってやる優しさってやつだよ、それは」 金田一少年が常に殺人事件に出会うように、僕もある種の宿命のようなものを背負って産まれてきた人間です。 それはどういう事かというと、僕は、 電車に乗るとおかしな人間と鉢合わせるんです…

濃い性描写が楽しめる一般小説【13作品】エロスだけではなくストーリーも楽しめるおすすめ作品を厳選!

※2018年4月9日更新 はじめに 「AVよりも映画のエロシーンの方が興奮できるんだぜ」といいながら、『インビジブル』という透明人間になる映画を僕に貸してくれた学生時代の友人である大賀君の事をふと思い出した。確かにあの映画は微妙にエロかった。 インビ…

起承転結がないのにずっと面白い短編集『浮遊霊ブラジル』感想文|津村喜久子

津村喜久子『浮遊霊ブラジル』を読んだ。 何よりも強く感じたのは「僕はやはり津村喜久子の本が好きなんだ」という意識。 もう、その意識からは逃げられないかもしれない。 とんでもなく鮮やかなオチがある訳ではないし、スッキリと終わっていくわけでもない…

《J2移籍情報》2017年-2018年のJ2リーグ移籍ニュースを総まとめ《速報》川崎フロンターレとの契約満了で移籍先を探していた狩野健太が徳島ヴォルティスに加入!

2018/04/07 更新 J1の移籍情報をまとめてましたが、こちらはJ2版です。 J2の移籍情報や噂まとめ ・ソース元は各チーム公式サイトとスポーツメディア・J2チームのみ掲載・表の「Po」→ポジション・A契約、二種登録含める・J特指定→JFA・Jリーグ特別指定選手…

【読書初心者用】面白くて読みやすい本をまとめてオススメ!!【29作品】

2018年4月5日更新 普段から本を読まない人にとって、時間をかけて文字を読み続ける事は苦痛なものだ。 そこで今日はサクサク読めてエンターテイメント性の高い本を紹介したいと思う。読みやすくて面白い小説なら無理なく文章に慣れることが出来て、断続的に…

僕らがアダルトDVD鑑賞会をして谷川俊太郎の詩『朝のリレー』の素敵さを再確認した話

みなさんは、谷川俊太郎氏の詩集の中に 「朝のリレー」 と呼ばれる素晴らしい詩があるのをご存じだろうか。 「朝のリレー」 カムチャッカの若者が きりんの夢を見ているとき メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている ニューヨークの少女が ほほえみなが…

ハリルジャパンだけじゃない?日本サッカーがここまで弱くなって世代交代も進まない一番の原因 | サッカー日本代表

現在の日本代表が弱すぎて萎えてきた。ドーハの悲劇前から見ているが、ここまで期待が持てない代表は見たことがない…。 サッカー協会、監督、選手。全てに原因があるだろうが、今回は【世代交代】という側面から日本サッカー低迷の原因を考えてみた。 まず、…

『春待ち雑貨店ぷらんたん』感想文:想像よりも重くてツライ連作短編ミステリー|岡崎 琢磨

岡崎琢磨『春待ち雑貨店ぷらんたん』を読んだ。 タイトルから想像するに、のんびりのほほんとしたストーリーを期待して手に取った作品だったが、ページをめくってみると想像よりもはるかに重苦しくツラい感情を味わう小説だったので驚いてしまった。 今回は…

このままではW杯で3戦全敗が濃厚なハリルジャパンに勧めたい劇薬3種【サッカー日本代表考察Vo.9】

日本代表は23日、ベルギーのスタッド モーリスデュフランでマリ代表と対戦。後半アディショナルタイムに代表デビューした中島翔哉のゴールで劇的な同点弾を奪い、なんとかドローに持ち込んだものの、結果・内容ともに課題を残す試合となった。 【SAMURAI BLU…

渋谷の焼きそば店【鉄板家シュウ】で思う存分ソース焼きそばを味わってきた!これはもう味の宝石箱や!!

ラーメン、パスタ、そば、うどん。 世の中に多くの種類の麺がある。何が好きですか?なんて野暮な質問はよしてくれ。どの麺もそれぞれ特徴があり、その時食べたい麺を食べればいい。 が、放っておけない存在の麺もいる。それは焼きそばだ。 小中学校の頃に給…